アジャイル・ユーザビリティ ―ユーザエクスペリエンスのためのDIYテスティング―

時代はUXへ お手軽DIYユーザテストでUXの向上ができる!

このような方におすすめ

○アジャイル開発に取り組むエンジニア
○デザイン思考でイノベーションを企む企画者
○ハイテク・スタートアップの起業家
○UCD/HCDの実務者
  • 著者樽本 徹也 著
  • 定価2,376 (本体2,200 円+税)
  • A5 152
  • ISBN978-4-274-21160-7
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 アジャイル開発やリーンスタートアップの拡がりを背景として、UX(ユーザエクスペリエンス)の分野でも高速で低コストかつ“軽い”手法=ゲリラリサーチが重視されるようになりました。その代表的な手法が「DIYユーザテスト(ユーザビリティテスト)」です。

 本書はDIYユーザテストを開発やデザインの現場で実践するための書です。リサーチの専門的な知識や経験がなくても、本書を片手にDo-It-Yourself方式でテストを実施できるような内容となっています。

 著者の前作『ユーザビリティエンジニアリング』と同様、豊富な実務経験に基づいたノウハウが詰まった必読の書です。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274211607/
Chap.1 ユーザエクスペリエンスの時代
Chap.2 ユーザテスト入門
Chap.3 リクルートとテスト設計
Chap.4 実 査
Chap.5 分析と再設計
Chap.6 UCDを超えて
 
Chap.1 ユーザエクスペリエンスの時代
 1-1 UXとUCD
 1-2 新UCDの4原則
Chap.2 ユーザテスト入門
 2-1 ユーザテストとは
 2-2 ユーザテストの基本理論
 2-3 ユーザテストの実務基礎
 2-4 DIYユーザテストのすすめ
Chap.3 リクルートとテスト設計
 3-1 リクルート
 3-2 DIYテスト設計
Chap.4 実 査
 4-1 簡易ラボ
 4-2 インタビュー
 4-3 見学
Chap.5 分析と再設計
 5-1 分析
 5-2 再設計
 5-3 プライバシーと論理
Chap.6 UCDを超えて
 6-1 非ウォータフォールUCDのすすめ
 6-2 アジャイルUXの潮流
 6-3 アジャイルUXによる開発