現代電子情報通信選書「知識の森」 画像入力とカメラ

画像入力用デバイスからカメラシステムまで最新の技術を知る!

このような方におすすめ

・画像入力やカメラの構造に興味を持ち,その分野の専門家を目指す学生.
・カメラ開発に携わる研究者や実務者.
  • 著者寺西 信一 監修/電子情報通信学会 編/(編集幹事)竹村 裕夫 江上 典文 太田 淳
  • 定価5,400 (本体5,000 円+税)
  • A5 404頁 2012/06発行
  • ISBN978-4-274-21209-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本選書は、最近、電子情報通信でまとまった知識が必要とされている分野について、周辺分野の専門技術者・研究者、学生も含めて体系的な知識が得られるようまとめたものです。

 本書は、撮像デバイスから、カメラの光学系、各種機能の実現法、さらに不可視画像用のデバイスについて、概要から最新技術までをていねいに解説したものです。本分野の専門家でなくても読み進められるように図などを多く掲載しました。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274212093/
はじめに
1部 撮像デバイス
 1章 撮像デバイスの歴史と基礎
 2章 代表的な撮像デバイス
 3章 特徴ある撮像デバイス
 4章 撮像デバイスを支える技術

2部 カメラ
 1章 カメラの基礎
 2章 カメラの光学系
 3章 放送用・家庭用カメラ
 4章 各種カメラ
 5章 カメラ機能

3部 不可視画像入力
 1章 赤外線
 2章 テラヘルツ
 3章 生体認証 ―デバイスと応用
 4章 超音波
 5章 pH,イオン ―デバイスと応用
はじめに

1部 撮像デバイス
1章 撮像デバイスの歴史と基礎
 1-1 撮像デバイスの歴史
 1-2 撮像デバイスの原理と基礎
2章 代表的な撮像デバイス
 2-1 CCD
 2-2 MOS型センサ
 2-3 撮像管
3章 特徴ある撮像デバイス
 3-1 デジカメ向けCCD
 3-2 ワイドダイナミックレンジセンサ
 3-3 距離画像センサ
 3-4 人工網膜
 3-5 垂直色分離型センサ
4章 撮像デバイスを支える技術
 4-1 シミュレーション
 4-2 カラーフィルタ,マイクロレンズ

2部 カメラ
1章 カメラの基礎
 1-1 カメラの基礎
 1-2 カラー撮像方式
2章 カメラの光学系
 2-1 撮像レンズ
 2-2 色分解光学系(ダイクロイックプリズム)
 2-3 光学LPF
3章 放送用・家庭用カメラ
 3-1 放送用カメラ(3板式)
 3-2 ビデオカメラ(動画像)
 3-3 ディジタルカメラ(静止画像)
 3-4 携帯カメラ(カメラモジュール)
4章 各種カメラ
 4-1 監視カメラ
 4-2 ネットワークカメラ
 4-3 車載カメラ
 4-4 FAカメラ
 4-5 内視鏡・硬性鏡
 4-6 立体カメラ
 4-7 リニアセンサ,カメラ
5章 カメラ機能
 5-1 露出制御
 5-2 オートフォーカス
 5-3 AWB
 5-4 手振れ防止
 5-5 自動追尾
 5-6 顔認識

3部 不可視画像入力
1章 赤外線
 1-1 赤外線センサ
 1-2 赤外線カメラ
2章 テラヘルツ
 2-1 イメージング
 2-2 テラヘルツ波の応用
3章 生体認証 ―デバイスと応用
 3-1 生体認証(バイオメトリクス)とは
 3-2 生体認証システム
 3-3 生体認証の種類と用途
4章 超音波
 4-1 超音波とは
 4-2 超音波イメージング
5章 pH、イオン ―デバイスと応用
 5-1 pHセンサ
 5-2 イオンセンサの応用