現代電子情報通信選書「知識の森」 宇宙太陽発電

新しいエネルギー源として注目される宇宙太陽発電の技術を知る!

このような方におすすめ

・宇宙太陽発電に興味を持ち,その分野の専門家を目指す学生.
・宇宙産業や太陽発電,マイクロ波伝送技術に携わる研究者や実務者.
  • 著者篠原 真毅 監修/電子情報通信学会 編
  • 定価4,104 (本体3,800 円+税)
  • A5 314頁 2012/07発行
  • ISBN978-4-274-21233-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本選書は、最近、電子情報通信でまとまった知識が必要とされている分野について、周辺分野の専門技術者・研究者、学生も含めて体系的な知識が得られるようまとめたものです。

 本書は、宇宙太陽発電について、全体を俯瞰できるような概要から実現のための要素技術、システムまでを丁寧に解説したものです。本分野の専門家でなくても読み進められるように図などを多く掲載しました。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274212338/
はじめに
1章 宇宙太陽発電
2章 宇宙太陽発電のためのマイクロ波無線電力伝送技術
3章 地上受電システム
4章 マイクロ波無線電力伝送の地上応用
5章 SPS無線送電の影響
1章 宇宙太陽発電
 1-1 はじめに −宇宙太陽発電の概要−
 1-2 過去に検討された宇宙太陽発電システム
 1-3 宇宙太陽発電システムの構造

2章 宇宙太陽発電のためのマイクロ波無線電力伝送技術
 2-1 送電システム
  2-1-1 はじめに
  2-1-2 送電用半導体増幅器
  2-1-3 アクティブ集積アンテナ
  2-1-4 マグネトロン送電システム

 2-2 フェーズドアレーとビームフォーミング
  2-2-1 大規模フェーズドアレーアンテナ
  2-2-2 電波を用いた目標位置推定技術 −レトロディレクティブ−
  2-2-3 ソフトウェア・レトロディレクティブシステム,ビームフォーミング及び到来方向計測(DOA)
  2-2-4 REV法
  2-2-5 PAC法
  2-2-6 並列化法

 2-3 大電力マイクロ波ビーム伝搬
  2-3-1 大気中伝搬
  2-3-2 プラズマ中伝搬

3章 地上受電システム
 3-1 レクテナ概要
 3-2 アレー化,故障解析など
 3-3 レクテナ用アンテナ
 3-4 発電所としてのレクテナ

4章 マイクロ波無線電力伝送の地上応用
 4-1 ユビキタス電源
 4-2 (準)閉鎖空間でのマイクロ波電力伝送
 4-3 移動体/固定目標への無線電力伝送

5章 SPS無線送電の影響
 5-1 通信との干渉評価
 5-2 生体への影響評価