Home
 

Home > コンピュータ・一般書 > UNIX > UNIX > 入門Meadow/Emacs

入門Meadow/Emacs

・著者:小関 吉則 著4-274-06518-9
・定価:3,024 円(本体2,800 円+税)
・B5変 296頁

・ISBN

・発売日


在庫切れ

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

合計5000円(税別)以上のご注文の場合、配送料は無料となります。

Windowsで動くEmacs、Meadowの待望の解説書!

 

本書は、高機能エディタGNU Emacs(グヌー・イーマックス)のWindows版であるMeadow(メドウ)の操作ガイドです。

初心者から中級者を対象に、Meadowのインストール、初期設定、日々の使いこなし方を中心に据えた実用的ノウハウを提供します。

2003/08
★このような方におすすめ
Windows上でEmacsを使いたいユーザなど
主要目次
第1章 Meadowを使ってみよう
第2章 Meadowの基本操作
第3章 Meadowの基本的な設定
第4章 Gnusを使ってメールをやり取りする
第5章 外部コマンドとの連携
第6章 Emacsのカスタマイズ
第7章 Emacs Lispパッケージ
ページトップへ戻る
詳細目次
はじめに

目次

第1章 Meadowを使ってみよう
1.1 Meadowとは
1.1.1 Emacs
1.1.2 Emacsの特徴
1.1.3 Meadowの特徴
1.2 Meadowの入手とインストール
1.2.1 環境変数の設定
1.2.2 Netinstallerによるセットアップ
1.2.3 手作業によるセットアップ
1.2.4 install.exeの実行
1.2.5 ImageMagickのインストール
1.3 Cygwinのセットアップ
1.4 Meadowのアップグレードとアンインストール
1.5 Meadowの起動と終了
1.5.1 Meadowを起動する
1.5.2 Meadowを終了する
1.5.3 Meadowの画面構成
1.5.4 バッファとウィンドウ
1.5.5 ファイルを開く
1.5.6 バッファを切り替える
1.5.7 複数のウィンドウを使う
1.5.8 キーボードによる操作
1.5.9 モードラインの情報
1.6 Emacsを自習する
1.6.1 チュートリアル
1.6.2 ヘルプ機能
1.6.3 困ったときには

第2章 Meadowの基本操作
2.1 カーソルの移動
2.2 文字の入力
2.2.1 日本語の入力
2.3 元に戻す(Undo)
2.4 範囲指定
2.5 テキストのコピーと移動
2.6 検索
2.7 置換
2.8 ファイルとバッファの操作
2.9 ウィンドウを扱う
2.10 フレームの操作
2.11 その他
2.11.1 コマンドのキャンセル
2.11.2 キーバインドの慣習
2.11.3 コマンドに前置引数を与える(C-uプレフィックス)
2.11.4 ミニバッファでの入力補完
2.12 ヘルプとトラブルシューティングの機能
2.12.1 ヘルプ機能
2.12.2 Infoの設定方法

第3章 Meadowの基本的な設定
3.1 Meadowが起動時に読み込むもの
3.2 起動時のコマンドラインオプション
3.2.1 起動ファイルを読み込まない
3.2.2 GUIウィンドウを開かずに端末内で使う
3.2.3 バッチモード
3.2.4 デバッグモード
3.2.5 環境変数、レジストリ
3.2.6 Emacs Lisp読み込みパス
3.3 .emacs
3.4 default.el
3.5 表示を変える:フォントの設定と色分け表示
3.5.1 TrueTypeフォントの設定
3.5.2 BDFフォントの設定
3.5.3 フレームの設定
3.5.4 フォントロック機能の設定
3.5.5 行間を空ける
3.6 多言語環境
3.6.1 ファイルの文字コードと行末コード
3.6.2 IMEの設定
3.6.3 辞書登録
3.6.4 多言語環境の設定
3.6.5 LEIM(Library of Emacs Input Method)
3.6.6 多言語ファイルの印刷

第4章 Gnusを使ってメールをやり取りする
4.1 本章の構成
4.2 Meadow/Emacsで使えるMUA
4.3 Gnusとは
4.3.1 Gnusの歴史
4.3.2 Semi-gnusプロジェクト
4.3.3 Gnusの系譜
4.3.4 Gnusの仕組み
4.4 初期設定
4.4.1 メール関連の初期設定
4.5 起動から終了まで
4.5.1 Gnusでメールを受信して読む
4.5.2 Gnusでメールを書いて送信する
4.5.3 Gnusでメールを振り分ける
4.6 操作方法の詳細
4.6.1 起動・受信・送信
4.6.2 サーババッファ:購読グループの登録
4.6.3 グループバッファ:記事を読みたいグループの選択
4.6.4 トピックモード:グループバッファの見栄えの変更
4.6.5 サマリバッファ、記事バッファ
4.6.6 既読・未読の処理
4.6.7 メールのコピー・移動・削除
4.6.8 マーク
4.6.9 検索
4.6.10 スコア
4.6.11 T-gnusでマルチパートメールを読む
4.6.12 返事を書く
4.6.13 引用
4.6.14 他のメールも引用する
4.6.15 転送
4.6.16 送信
4.6.17 記事(メール)の編集を中断する
4.6.18 署名
4.6.19 T-gnusでマルチパートメールを書く
4.6.20 新規にメールを書く
4.7 バックエンド
4.7.1 nntpバックエンド
4.7.2 nnmlバックエンド
4.7.3 nnimapバックエンド
4.7.4 nndirバックエンド
4.7.5 nndocバックエンド
4.7.6 nnshimbunバックエンド
4.7.7 バックエンドの指定
4.8 ポスティングスタイル
4.9 グループパラメータ
4.10 spam
4.11 見栄えを変えるTips
4.12 その他のTips
4.12.1 フォルダ名
4.12.2 Gnusのオフライン機能:Gnus-Agent
4.12.3 X-Face
4.13 Oort Gnusを使う

第5章 外部コマンドとの連携
5.1 外部コマンドの利用
5.1.1 シェルの選択
5.1.2 シェルモード
5.1.3 シェルコマンド
5.2 ディレクトリエディタdired
5.2.1 diredからファイルを開く
5.2.2 自動圧縮モード(auto-compression-mode)
5.2.3 ファイルのコピー、リネーム、消去
5.2.4 ファイル名検索結果をdiredで表示(find-dired)
5.2.5 コマンドの実行
5.3 検索と置換
5.3.1 入力方法
5.3.2 検索結果からタグジャンプ
5.3.3 日本語の検索
5.3.4 サブディレクトリも対象に検索
5.3.5 ファイル中に目的の語を含むファイルの一覧
5.3.6 ファイル名の検索
5.3.7 複数ファイルへの問い合わせ型置換
5.4 gnuservによる他のアプリケーションとの連携
5.4.1 設定
5.4.2 使い方の実際
5.5 ウェブブラウザとの連携
5.5.1 URLクリックでウェブブラウザやMUAの起動
5.5.2 MUA設定の下準備
5.5.3 ウェブページのメールリンクからMeadowを起動
5.5.4 Meadowでソースを表示する
5.5.5 コピー、貼り付け
5.6 電子辞書を参照しよう
5.6.1 下準備
5.6.2 辞書を参照しよう
5.6.3 電子辞書を持ち歩こう
5.6.4 NDTP辞書サーバ
5.7 スペルチェックをしよう
5.7.1 下準備
5.7.2 使い方
5.7.3 逐次スペルチェック:flyspell-mode
5.8 印刷しよう
5.8.1 メモ帳(notepad)を使う
5.8.2 印刷の実行
5.8.3 diredから印刷
5.8.4 PostScript
5.9 プログラムのビルドとデバッグ
5.9.1 プログラムの入手
5.9.2 プログラムの展開
5.9.3 ビルドとインストール
5.9.4 Emacs上でビルドする
5.9.5 タグジャンプ
5.9.6 複数ファイルに対する問い合わせ型置換
5.9.7 デバッグ
5.9.8 リモートビルドとタグジャンプ
5.10 何はなくてもリビジョン管理
5.10.1 CVS(Concurrent Versions System)
5.10.2 インストール
5.10.3 使い方
5.10.4 CVS Tips

第6章 Emacsのカスタマイズ
6.1 モード
6.1.1 メジャーモード
6.1.2 メジャーモードの手動での選択
6.1.3 メジャーモードの自動選択
6.1.4 メジャーモードに関する補足
6.1.5 マイナーモード
6.1.6 マイナーモードのオン・オフ
6.1.7 モードの説明
6.1.8 キーバインドの慣例
6.2 フック
6.3 カスタマイズの例
6.3.1 カスタマイズの流れ
6.3.2 アウトラインモード――メジャーモードとマイナーモードの決定、マイナーモードの設定、変数変更による動作カスタマイズの例
6.3.3 雛型ファイル――雛型ファイル挿入設定例
6.3.4 Gnusのメッセージモードのカスタマイズ――ファイル編集ではないメジャーモードのカスタマイズ例
6.3.5 ブックマークのカスタマイズ――ファイル編集ではないメジャーモードのもう一歩踏み込んだカスタマイズ例
6.4 customize――メニュー形式で選択できるカスタマイズ
6.4.1 customizeの使い方
6.4.2 カスタマイズ項目の探し方
6.5 種々雑多なことへの補足
6.5.1 ロード
6.5.2 オートロード
6.5.3 require、provide
6.5.4 キーバインド
6.5.5 グローバルキーマップ
6.5.6 オプションモード(変数を設定するモード)
6.5.7 eval-after-load

第7章 Emacs Lispパッケージ

索引
ページトップへ戻る