Home
 

Home > コンピュータ・一般書 > プログラミング・開発 > その他 > 型システム入門 プログラミング言語と型の理論

型システム入門 プログラミング言語と型の理論

・著者:Benjamin C. Pierce 著/住井英二郎 監訳/遠藤侑介・酒井政裕・今井敬吾・黒木裕介・今井宜洋・才川隆文・今井健男 共訳978-4-274-06911-6
・定価:7,344 円(本体6,800 円+税)
・B5 528頁

・ISBN

・発売日


かごに入れる

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

合計5000円(税別)以上のご注文の場合、配送料は無料となります。

型システムを理解するうえでの定番書を翻訳

 

型システムとは、プログラミング言語の安全性や効率を高めるうえで重要な理論・手法です。本書は、その型システムについて基礎的な話題を網羅し、実装例を交えて丁寧に解説したThe MIT Press発行の解説書“Types And Programming Languages”(TAPL)を翻訳したものです。言語設計者や学生だけでなく、静的型付言語を深く理解して活用したいプログラマーにとっても貴重な情報となっています。

2013/03
★このような方におすすめ
情報科の学生、研究者 静的型付言語を利用するプログラマー
主要目次
日本語版に寄せて
監訳者序文
 実用的情報

序文
 謝辞

第1章	はじめに
第2章	数学的準備

■第1部	型無しの計算体系

第3章	型無し算術式
第4章	算術式のML実装
第5章	型無しラムダ計算
第6章	項の名無し表現
第7章	ラムダ計算のML実装

■第2部	単純型

第8章	型付き算術式
第9章	単純型付きラムダ計算
第10章	単純型のML実装
第11章	単純な拡張
第12章	正規化
第13章	参照
第14章	例外

■第3部	部分型付け

第15章	部分型付け
第16章	部分型付けのメタ理論
第17章	部分型付けのML実装
第18章	事例:命令的オブジェクト
第19章	事例:Featherweight Java

■第4部	再帰型

第20章	再帰型
第21章	再帰型のメタ理論

■第5部	多相性

第22章	型再構築
第23章	全称型
第24章	存在型
第25章	System F のML実装
第26章	有界量化
第27章	事例:命令的オブジェクト再考
第28章	有界量化のメタ理論

■第6部	高階の型システム

第29章	型演算子とカインド
第30章	高階多相
第31章	高階部分型付け
第32章	事例:純粋関数的オブジェクト

付録A	演習の解答
付録B	記法

参考文献
訳語集
規則図一覧
索引
ページトップへ戻る
詳細目次

  
ページトップへ戻る