Home
 

Home > 理工学専門書 > 情報科学 > 情報科学一般・情報社会 > IT Text(一般教育シリーズ) 情報と社会

IT Text(一般教育シリーズ) 情報と社会

・著者:東京大学 川合 慧 監修/NTTソフトウェア株式会社 駒谷 昇一 編著4-274-13310-9
・定価:2,700 円(本体2,500 円+税)
・A5 236頁

・ISBN

・発売日


かごに入れる

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

合計5000円(税別)以上のご注文の場合、配送料は無料となります。

変わりつつある大学等における一般教育課程用標準教科書

 

 高等学校での情報教育により、見直しが迫られている大学等における一般教育課程の教科書。

 本書は、情報活動が主に人間や社会にかかわる側面について学ぶものであり、コミュニケーションの基礎知識からネットワークなどの情報システムの実際の使われ方・影響など、法律や危機管理も含めて解説。

2004/10
★このような方におすすめ
◎大学・短大の学部における一般教育課程の教科書 ◎高校等における情報科目の教員
主要目次
第1章 情報とコミュニケーション
第2章 ユーザインタフェース
第3章 情報とネットワーク
第4章 情報ネットワークの通信プロトコル
第5章 情報ネットワークの仕組み
第6章 インターネットと情報システム
第7章 情報システム
第8章 企業活動と情報システム
第9章 社会基盤としての情報システム
第10章 情報セキュリティ
第11章 情報社会におけるコミュニケーション
第12章 情報が変えていく社会
第13章 情報社会と法律・危機管理
ページトップへ戻る
詳細目次
第1章 情報とコミュニケーション
 1.1 情報と人間のかかわり
  1 情報の定義
  2 情報のピラミッド
  3 データ・情報・知識の使用例
  4 情報行為
 1.2 コミュニケーションの基礎概念
  1 コミュニケーションの定義
  2 情報通信分野でのコミュニケーション
  3 コミュニケーションにおけるメディア
 1.3 コミュニケーションモデル
  1 階層モデル
  2 人間どうしによるコミュニケーションの例
 1.4 メッセージの理解
  1 認識の脳科学における理解
  2 言語学における理解
  3 記号学における理解
 演習問題

第2章 ユーザインタフェース
 2.1 ユーザインタフェースの基礎概念
  1 ユーザインタフェースの定義
  2 「人間-情報機器」の形態のコミュニケーションモデル
  3 ユーザインタフェースの評価
 2.2 ユーザインタフェース機器
  1 ディスプレイ
  2 プリンタ
  3 キーボード
  4 ポインティングデバイス(点座標入力装置)
  5 その他のユーザインタフェース機器
 2.3 グラフィカルな2次元ユーザインタフェース
  1 CUIからGUIへ
  2 代表的なユーザインタフェース
 2.4 仮想世界と実世界を結ぶ3次元ユーザインタフェース
  1 メディアルーム
  2 仮想現実感
  3 実世界指向のユーザインタフェース
 演習問題

第3章 情報とネットワーク
 3.1 情報通信とディジタル化
  1 通信手段の発展
  2 ディジタル通信
 3.2 情報通信と情報量
  1 コミニュケーションの外化
  2 情報の量
 3.3 情報通信ネットワークとモデル化
  1 情報通信ネットワークのモデル
  2 電話網と通信モデル
  3 インターネットと通信モデル
 3.4 社会と情報ネットワーク
  1 社会の変化
  2 グローバル化
 演習問題

第4章 情報ネットワークの通信プロトコル
 4.1 情報通信の仮想化と階層化
  1 情報通信における仮想化
  2 情報通信における階層化
 4.2 階層化と通信プロトコル
  1 階層化における基本の考え方
  2 カプセル化とパケット
  3 階層化の利点
 4.3 通信プロトコルの標準化とOSI参照モデル
  1 通信プロトコルの標準化
  2 OSI参照モデル
 4.4 TCP/IPと標準化方法
  1 TCP/IPの階層化と機能
  2 TCP/IPとインターネット
 演習問題

第5章 情報ネットワークの仕組み
 5.1 情報ネットワークの利用と管理
  1 情報ネットワークと管理
  2 インターネットの管理
 5.2 インターネットを支える仕組み
  1 インターネットの管理の考え方
  2 名前管理
  3 経路制御
 5.3 インターネット上のアプリケーション
  1 電子メール
  2 WWW
 5.4 新しいアプリケーション
  1 メディアの融合
  2 ネットワークの拡大
 演習問題

第6章 インターネットと情報システム
 6.1 インターネット検索の仕組み
  1 インターネットにおける検索
  2 ディレクトリ型検索エンジンとロボット型検索エンジン
  3 ディレクトリ型検索エンジンの仕組み
  4 ロボット型検索エンジンの仕組み
  5 検索の仕組み
  6 検索文字入力に対する論理演算
 6.2 インターネットによる遠隔学習
  1 遠隔学習
  2 WBT
  3 VOD
  4 WBTなどの学習形態のメリット
 6.3 電子商取引
  1 インターネットと電子商取引
  2 消費者向けの電子商取引
  3 企業と企業との電子商取引
  4 個人と個人との電子商取引
 演習問題

第7章 情報システム
 7.1 情報行為と情報システム
  1 情報行為とは
  2 コンピュータと情報行為
  3 情報システムとは
  4 企業業務と情報システム
  5 情報システムの構成
  6 情報システムの評価
 7.2 情報システム事例(POSシステム)
  1 マネジメントサイクル
  2 POSシステム
  3 POSシステムとマネジメントサイクル
  4 製造メーカとのコラボレーション
  5 POSシステムと在庫管理
  6 POSシステムの活用による新たな商品
  7 POSシステムとネットショッピングの連携
 7.3 情報システムの進化
  1 POSシステムの進化
  2 情報システムの進化
 演習問題

第8章 企業活動と情報システム
 8.1 経営意思決定・企業戦略立案のための情報システムの例
  1 経営者の意思決定
  2 意思決定における情報活用
  3 製品開発における情報活用
  4 戦略的な経営と情報活用
  5 CRMシステム
  6 CTIシステム
 8.2 企業内部での情報システム
  1 企業内情報システム
  2 生産管理システムと在庫管理システム
  3 グループウェア
 8.3 情報システムの進化
  1 過去の情報システムの目的
  2 インターネットから情報を得るためのコンピュータ
  3 コミュニケーションツールとしてのコンピュータ
  4 コンピュータによる教育への影響
  5 情報システムの進化
 演習問題

第9章 社会基盤としての情報システム
 9.1 私たちの生活を支える情報システム
  1 ATM
  2 交通管制システム
  3 GPS
  4 携帯電話の交換システム
  5 IP電話
 9.2 情報システムの課題
  1 システムダウン
  2 動かないシステム
  3 個人情報の保護
  4 ディジタルデバイド
 9.3 情報システムの今後
  1 ユビキタス
  2 無線ICタグ
  3 個人認証
  4 ユビキタス社会と人間
 演習問題

第10章 情報セキュリティ
 10.1 情報セキュリティ
  1 情報セキュリティとは
  2 情報セキュリティ対策の種類
 10.2 技術的な情報セキュリティ対策
  1 個人認証技術
  2 暗号化技術
  3 公開鍵暗号方式
  4 電子署名
 10.3 その他の情報セキュリティ対策
  1 個人情報の漏えい
  2 情報セキュリティポリシー
  3 責任と権限の明確化
  4 ISMS
 10.4 情報セキュリティの課題と対策
  1 一般家庭における情報セキュリティの課題と対策
  2 企業での情報セキュリティの課題と対策
  3 社会での情報セキュリティ対策
 演習問題

第11章 情報社会におけるコミュニケーション
 11.1 情報社会と物質社会
 11.2 情報社会を支える情報サービスの種類
  1 現在の情報サービス
  2 情報伝達経路のモデル
  3 送りつけられる情報と引き出す情報
 11.3 応用例
  1 メッセンジャ
  2 メーリングリスト
  3 個人ページ
  4 電子掲示板
  5 P2P型ファイル共有
 演習問題

第12章 情報が変えていく社会
 12.1 情報が変えた知のあり方
  1 多様性の把握とデータベース
  2 非人間的な大量の計算の影響
  3 シミュレーション(模擬実験)
 12.2 情報が変えた時間と空間の制約
  1 遠隔地への伝達
  2 ユビキタスコンピューティング
 12.3 情報コミュニケーションと組織のあり方
  1 空想現実とバーチャルコミュニティ
  2 組織内部の人の役割と情報の役割
  3 ハイテク犯罪
  4 NPO・NGO活動
 12.4 情報の多人数への伝達とその影響
  1 バリアフリーとユニバーサルデザイン
  2 Webを使った個人・企業攻撃
  3 情報社会と世界
 演習問題

第13章 情報社会と法律・危機管理
 13.1 知的所有権(知的財産権)
  1 著作権
  2 特許権,商標権,意匠権
  3 パブリシティ権
  4 民法・刑法など
 13.2 情報危機管理
  1 危機評価
  2 危機管理
 演習問題
ページトップへ戻る