知の科学 知性の創発と起源

知性の創発、知性の起源とは何か、最新の知見とともに解説!

このような方におすすめ

人工知能学会会員をはじめ、本分野に関心を持つ学生・研究者・技術者および他分野の専門家の方々
  • 著者人工知能学会 編集/鈴木 宏昭 編
  • 定価3,564 (本体3,300 円+税)
  • A5 222頁 2006/07発行
  • ISBN978-4-274-20269-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 新時代の人工知能に関わりにある技術、学術の知識を、書籍にまとめた「知の科学」シリーズの一冊。

 本書は、「人間の知性」そのものに焦点を当て、第一線で活躍中の執筆陣により、認知が創発的性質を有するという近年の研究から,知性の創発的性質とその起源についての最新知見や将来展望等をまとめている。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274202698/
 0章 総論:認知の創発的性質
I編 揺らぎ創発する知
 1章 脳における生成とクオリア
 2章 学習と発達における多様性と揺らぎ
II編 かかわり合う知
 3章 遊離物と知性
 4章 法規範の定立と社会規範の創発
 5章 創発のためのソフトウェア
III編 育ち進化する知
 6章 身体的「知」の進化と言語的「知」の創発
 7章 ヒト知性の生得的基盤
 8章 共発達の構成論
索 引