小水力エネルギー読本

小水力エネルギー利用について、基本原理から導入のノウハウまでを全方位で解説!

このような方におすすめ

小水力エネルギーの利用を検討中の方
公的機関のエネルギー・環境・行政担当者、環境NPO関係者、河川・農業関係者
電力、土木建設分野をはじめとするエネルギー関連業界の実務技術者
  • 著者小水力利用推進協議会 編
  • 定価3,564 (本体3,300 円+税)
  • A5 240頁 2006/10発行
  • ISBN978-4-274-20308-4
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 現在、国内各地で進みつつある小水力エネルギー利用について、小水力利用・小水力発電等の基礎的原理から導入のノウハウ、具体的な実施例などまでを、経済面、法・制度面、環境側面も含めて平易に解説する実務書である。

 小水力発電施設の計画、導入、運用等々に関わるユーザーサイドの実務者を主対象として、十分な専門知識をもっていなくても実用上の知識を獲得できるように、図表を参照しつつわかりやすく解説している。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274203084/
はじめに
第1章 小水力の過去と未来-河川とエネルギー小史-
第2章 水の特性と利用
第3章 水力エネルギーの特徴と原理
第4章 水車の知識と設計
第5章 水力発電機と送配電
第6章 開発サイトと土木設備
第7章 マイクロ水力発電の計画と評価
第8章 法律・制度と社会システム
第9章 これから小水力発電に取り組むための手引き
第10章 さまざまな小水力発電