Home
 

Home > 理工学専門書 > 土木 > 材料 > ゼロから学ぶ土木の基本 コンクリート

ゼロから学ぶ土木の基本 コンクリート

・著者:内山 久雄 監修/牧 剛史 加藤 佳孝 山口 明伸 共著978-4-274-21307-6
・定価:2,700 円(本体2,500 円+税)
・A5 220頁

・ISBN

・発売日


かごに入れる

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

合計5000円(税別)以上のご注文の場合、配送料は無料となります。

学生のうちに土木で重要な『コンクリート』の構造物・力学・材料・維持管理について理論の基礎からしっかりマスター!!

 

 イラスト・写真・図などを豊富に用いて、土木工学をわかりやすく解説する「ゼロから学ぶ土木の基本」シリーズの『コンクリート』編です。

構造物を造る上で重要なコンクリートについて、その製造からコンクリートを用いた構造物の建設、さらに維持管理という「コンクリートの一生」を網羅的に学ぶことができます。

また、腐食などの過程を順を追ったわかりやすい図などで解説したりすることで、より興味を持って学べるようになっています。

2012/12
★このような方におすすめ
主要目次
第1章 	コンクリート構造物とは	
第2章 	鉄筋コンクリート部材の力学挙動	
第3章 	コンクリート材料	
第4章 	コンクリートの補強材料	
第5章 	コンクリート構造物の維持管理
ページトップへ戻る
詳細目次
第1章 	コンクリート構造物とは	
 1.1節 	社会基盤を支える構造物
 	1.2節 	何を使って構造物を造の
 1.3節 	異種材料を組み合わせる
 1.4節 	鉄筋コンクリートの特徴
 1.5節 	鉄筋コンクリートとはなんだろう
 	1.6節 	コンクリート構造物の計画・設計・施工
 	1.7節 	コンクリート構造物の健康管理
		
第2章 	鉄筋コンクリート部材の力学挙動	
 	2.1節 	構造設計法
 	2.2節 	荷重と構造解析
 	2.3節 三つの重要な基本仮定
 2.4節 	鉄筋コンクリート部材の曲げ性状
 	2.5節 	曲げ応力度
 	2.6節 	終局曲げモーメント
 2.7節 	軸圧縮力を受ける部材の耐力
 	2.8節 	せん断力を受ける部材の耐力
 	2.9節 	付着・定着
 2.10節 	ひび割れとたわみ
 	2.11節 	構造細目
 	2.12節 	疲労に対する検討
 	2.13節 耐震に関する検討

第3章 	コンクリート材料	
 	3.1節 	コンクリの役割と特性
 	3.2節 	コンクリートを構成する基礎材料
 	3.3節 	コンクリートを高性能化する材料
 	3.4節 	丈夫で長持ちするコンクリートのために重要なこと
 	3.5節 	ひび割れ
 	3.6節 	コンクリート構造物の劣化
 	3.7節 	配合設計
 	3.8節 	特殊なコンクリート
 	3.9節 	特殊な材料
		
第4章 	コンクリートの補強材料	
 	4.1節 	補強材料の役割と種類
 	4.2節 	鋼と鋼材
 	4.3節 	鋼材の腐食機構
 	4.4節 	鋼材の腐食診断と防食技術
		
第5章 	コンクリート構造物の維持管理	
 5.1節	 構造物の変状と診断
 5.2節	 診断技術
 	5.3節 	構造物の健全度評価と劣化予測
 	5.4節 	維持管理計画
ページトップへ戻る