実践 WBS -プロジェクト指向経営の基礎-

あらゆるプロジェクトのマネジメントに通ずる、黄金の手法がこれを読めば手に取るようにわかる!

このような方におすすめ

○IT系、プラント系、建設系などの分野のプロジェクトマネージャ
○企業経営者、管理者
  • 著者林 謙三 村上 浩貴 鈴木 祐介 共著
  • 定価3,240 (本体3,000 円+税)
  • A5 232
  • ISBN978-4-274-21336-6
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 WBS(ワークブレークダウンストラクチャ)の手法は、IT系のプロジェクトをはじめ、プラント、社会インフラ・建設、研究開発プロジェクトなど、あらゆるプロジェクトのマネジメントに必須であり、PMBOKでも重要な位置づけとされています。本書は、WBSおよびWBSに基づく品質、コスト、スケジュールなどを統合管理するWP(ワークパッケージ)について、基本的な考え方から構築と形成、実際的な適用・活用までを、指導経験豊富な経営コンサルタントおよびプロジェクトマネジメント・システムの構築・運用の専門家によりまとめたものです。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274213366/
第1章 なぜWBSなのか,なぜプロジェクトマネジメントなのか
第2章 プロジェクトマネジメントのエッセンシャルズ
第3章 WBSの構築とWPの形成
第4章 WBS&WPの適用
第5章 プロジェクトマネジメント&コントロールシステムの活用
1章 なぜWBSなのか,なぜプロジェクトマネジメントなのか
1-1 プロジェクト&プロジェクトマネジメントに関する基本課題
1-2 プロジェクトの国際化における主要課題
1-3 プロジェクトマネジメント力が企業の組織能力に活かされない主要課題
1-4 プロジェクトマネジメント&コントロールにおける主要課題
【Tea Time】5Why、3 段階論

2章 プロジェクトマネジメントのエッセンシャルズ
2-1 プロジェクトの特徴
1 プロジェクトとは
2 プロジェクトの類型
3 プロジェクトのライフサイクル
4 プロジェクトのフェーズ(その1)
5 プロジェクトのフェーズ(その2)
2-2 プロジェクトマネジメントの勘どころ
1 プロジェクトマネジメントの定義
2 プロジェクトマネジメントの狙い
3 プロジェクトマネジメントの基本思想
4 プロジェクトマネジメントの管理サイクルと管理方法
5 プロジェクト計画(プランニング)の進め方
6 プロジェクト管理(コントロール)の進め方
2-3 プロジェクトマネジメントとWBS
1 プロジェクトとWBSの関係
2 プロジェクトマネジメントへのWBSの適用
2-4 プロジェクトの組織
1 プロジェクト組織と機能組織
2 プロジェクト支援組織
3 プロジェクト関連組織
2-5 プロジェクトマネジャーの仕事
1 プロジェクトマネジャーの役割
2 プロジェクトマネジャーの責任と権限
3 プロジェクトマネジャーの資質
2-6 プロジェクトの評価と組織能力
1 プロジェクトの評価
2 プロジェクト遂行の組織能力
【Tea Time】先憂後楽の思想

3章 WBSの構築とWPの形成  
3-1 WBS & WPの概要
1 WBS & WPの基本構造
2 WBSの業種別属性
3 PWBSの業種別構造
4 FWBSの業種別構造
5 WPの機能
6 管理階層とWPの関係
7 PMBOKとの相違点
3-2 WBSの構築とWPの形成
1 FWBSの構築例
2 FWBSの構築条件
3 WPのタイプ
4 WP形成のガイドライン
5 WBSの構築ステップ
6 WBSの構築組織
【Tea Time】プロジェクト指向経営の物語

4章 WBS & WPの適用  
4-1 WBS & WP適用の概要
1 WBS & WPの個別管理への適用
2 個別管理間の関係性
3 個別管理の記述法
4-2 事業&組織資源レベル
1 事業収益管理
2 人財管理
3 知財管理
4-3 マネジメントレベル
1 スコープ管理
2 リスク管理
3 変更管理
4-4 コントロールレベル
1 品質マネジメント
2 コスト管理
3 スケジュール管理
4-5 リソースコントロールレベル
1 MH管理
2 設計図書管理
3 資機材管理
4-6 遂行レベル
1 見積管理
2 設計管理
3 調達管理
4 建設工事管理
【Tea Time】20-80ルール

5章 プロジェクトマネジメント&コントロールシステムの活用  
5-1 システムオーバービュー
1 プロジェクトマネジメント&コントロールシステムとは
2 マネジメントレベル
3 コントロールレベル
4 リソースコントロールレベル
5 遂行レベル
5-2 コード体系
1 コード体系の重要性
2 コード体系とデータモデル
3 コード体系の適用
5-3 データマネジメント
1 ヒストリカルデータの活用
2 ナレッジデータの活用
5-4 PMSの構築
1 アーキテクチャとデータモデル
2 概念データモデルによる現状分析
3 PMS構築ロードマップの作成
4 導入効果の算定
【Tea Time 】?啄同時

参考文献
おわりに
索  引