現代都市理論講義

1960-70年代の建築都市理論とプロジェクトを再考する。 メタボリズム、アーキグラムからレム・コールハースまで。

このような方におすすめ

建築系の学生
  • 著者今村 創平 著
  • 定価2,808 (本体2,600 円+税)
  • A5 288頁 2013/03発行
  • ISBN978-4-274-21349-6
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 現在私たちが都市を考える際に基礎となっており、また今日においても充分有効と考えられる、1960-70年代を中心に提案・発表されたさまざまな都市に関するプロジェクトや理論を再考する。

 メタボリズムやアーキグラム、シチュアシオニストからレム・コールハースまで、近代都市計画を乗り越えるために果敢に提唱した都市論から現代都市を読み解くためのヒントを探る。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274213496/
序 都市の時代と都市の思想

第1章 近代都市計画とその限界
第2章 メタボリズム
第3章 アーキグラム
第4章 クリストファー・アレグザンダー
第5章 アルド・ロッシ
第6章 シチュアシオニストとニュー・バビロン
第7章 ロバート・ヴェンチューリとデニス・スコット・ブラウン
第8章 マンフレッド・タフーリ
第9章 コーリン・ロウ
第10章 デリリアス・グローバル・シティ:レム・コールハースと現代都市