ガイドラインで理解する疾病と薬物治療 代謝疾患

各種疾病と薬の関係が,ガイドラインをベースによくわかる!

このような方におすすめ

○薬剤師系・看護系・医学系大学の学生
○薬剤師,看護師,医師
  • 著者東京薬科大学 山田 純司 著
  • 定価3,780 (本体3,500 円+税)
  • B5 224
  • ISBN978-4-274-21424-0
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 医学系の学会からは、診断・治療に関する各種のガイドラインが公表されています。学会ごとにまとめているので、全身の疾病に横断的に関わる場合は、複数のガイドラインを参照する必要があり、非常に煩雑になります。

 また、薬剤師養成課程は、従来の4年制から6年制になり、疾病に関する知識の習得が大幅に強化されています。また、臨床現場で活躍している薬剤師も、薬物治療の観点から、臨床現場に積極的に関わることが求められています。

 本書は、各種のガイドラインをベースに糖尿病をはじめとする代謝疾病に関して、まとめるものです。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274214240/
第1章 糖尿病
第2章 脂質異常症
第3章 肥満症
第4章 高尿酸血症・痛風
第5章 骨粗鬆症