OHM大学テキスト 電力発生・輸送工学

多くの大学のカリキュラムに適合した、「電力発生・輸送工学」「送配電工学」「発変電工学」の新たなテキスト

このような方におすすめ

電気・電子・通信系学科に所属する大学学部2、3年生
  • 著者伊与田 功 編著
  • 定価2,808 (本体2,600 円+税)
  • A5 210頁 2013/10発行
  • ISBN978-4-274-21451-6
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 電気・電子・通信系学科の専門課目「電力発生・輸送工学」「送配電工学」「発変電工学」の教科書。

 最近の大学の講義ではカリキュラムにさまざまな他の課目が増えてきたことから、発変電から送配電までが一つの講義内で扱われることが多いため、発変電・送配電技術の基礎を一冊にまとめてわかりやすく解説したものです。従来からある発電方式の解説に加えて、再生可能エネルギーや昨今のエネルギー事情にもふれており、現在の電力系統の全容が学べる内容となっています。全体は15章構成となっており、各章末には理解度をチェックする演習問題を配しています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274214516/
1章  電力系統の概説
2章  電気材料
3章  火力発電
4章  原子力発電
5章  水力発電
6章  再生可能エネルギー
7章  輸送設備の概説
8章  架空送電線
9章  変電所・送配電線の事故対策
10章 ケーブル送電線
11章 変電および変電所
12章 保護制御システム
13章 対称座標法と故障計算
14章 配電系統
15章 将来の電力発生輸送

演習問題略解
索引