Home
 

Home > コンピュータ・一般書 > アプリケーション > マンガでわかるデータベース

マンガでわかるデータベース

・著者:高橋 麻奈 著 あづま 笙子 作画 トレンド・プロ 制作4-274-06631-2
・定価:2,052 円(本体1,900 円+税)
・B5変 240頁

・ISBN

・発売日


かごに入れる

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

合計5000円(税別)以上のご注文の場合、配送料は無料となります。

データベースの概念をマンガでやさしく解説!

 

特定ベンダーの製品によらないデータベースの概念を、マンガでやさしく解説。果物の輸出に追われる王国の姫が、データベースによる解決策を1つ1つ学んでいくというストーリーをとおして、データベースの基本的な概念を身につけることができる。情報処理技術者試験対策にも役立つ練習問題付き。

2005/12
★このような方におすすめ
・データベースの基礎概念を学ぶ人 ・企業等でデータベースを管理しなければならなくなった人 ・高専・専門学校・大学教養課程の学生など
主要目次
1章 データベースって何だろう?
2章 リレーショナルデータベースって何だろう?
3章 データベースを設計しよう
4章 データベースを利用しよう:SQLの基本操作
5章 データベースを運用しよう
6章 データベースの普及と活躍
ページトップへ戻る
詳細目次
1章 データベースって何だろう?
 どうしてデータベースが必要なの?
 コッド王国の現状
 データが重複している
 データが矛盾する可能性がある
 新しい変化に対応しにくい
 データベース導入で解決する!
 データベースを活用するには?
2章 リレーショナルデータベースって何だろう?
 データベースの用語を知ろう
 表を使うリレーショナルデータベース
 データモデルの種類
 リレーショナルデータベースとは?
 和(union)
 差(difference)
 積(intersection)
 直積(Cartesian product)
 射影(projection)
 選択(selection)
 結合(join)
 商(division)
 リレーショナルデータベースが普及している
3章 データベースを設計しよう
 E-Rモデルで分析しよう
 表を正規化しよう
 E-Rモデルとは?
 E-Rモデルの分析方法
 E-Rモデルで分析してみよう
 表を正規化する
 正規化してみよう
 データベースを設計するには
4章 データベースを利用しよう:SQLの基本操作
 SQLを使ってみよう
 SELECT文で検索しよう
 集計関数で集計しよう
 表を結合してみよう
 表を作成するには
 SQLの機能
 SELECT文で検索する
 比較演算子で条件を作成する
 論理演算子で条件を作成する
 パターンを使った条件を作る
 いろいろな検索ができる
 集計関数で集計する
 グループ化して集計する
 集計とグループ化の問題
 副問い合わせで検索する
 相関副問い合わせで検索する
 いろいろな結合方法がある
 表を作成する
 行を挿入・更新・削除する
 ビュー表を作成する
 表・データの管理を行う問題
 アプリケーションプログラムからSQLを利用する
 カーソルを利用して行を移動する
5章 データベースを運用しよう
 トランザクションとは?
 ロックとは?
 データベースのセキュリティ
 インデックスによる高速化
 データベースの障害回復
 トランザクションの性質を知ろう
 コミットかロールバックで終了する
 データに矛盾が起こらないようにする
 ロックによる制御が行われる
 2相ロックで直列可能を保証する
 ロックの粒度に注意する
 その他の同時実行制御
 独立性レベルの設定
 データベースのセキュリティ
 索引を使って高速に検索する
 問い合わせを最適化する
 障害回復を行う
 チェックポイントと復旧

6章 データベースの普及と活躍
 データベースの活用例
 Webとデータベース
 分散データベース
 ストアドプログラムとトリガ
 活躍するデータベース
 Webとデータベース
 ストアドプログラムも利用する
 分散データベースとは
 データを分割する
 2相コミットで矛盾を防ぐ
 分散データベースで表を結合する
 レプリケーション機能による複製の配置
 データベースのさらなる応用
ページトップへ戻る