プログラミングRuby 1.9 言語編

定評があるRubyの解説書を、Ruby作者の監訳により日本語に翻訳

このような方におすすめ

RubyプログラマおよびRubyを学びたいと考えているプログラマ。
  • 著者Dave Thomas, with Chad Fowler and Andy Hunt 著/まつもと ゆきひろ 監訳/田和 勝 訳
  • 定価4,104 (本体3,800 円+税)
  • B5変 464頁 2010/05発行
  • ISBN978-4-274-06809-6
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

Rubyは、まつもとゆきひろ氏によるオブジェクト指向プログラミング言語で、楽しく生産的なプログラミングを支援する。言語本来の強力さと使いやすさに加えて、アジャイル開発との相性の良さや、Webアプリケーション開発フレームワークRuby on Railsの圧倒的な人気などに後押しされて、今では日本だけでなく世界中で使われている。

本書は、Ruby1.9の定番解説書“Programming Ruby 1.9: The Pragmatic Programmers' Guide”を、作者自身の監訳で翻訳発行するもの。(日本語版は、言語編とライブラリ編の二分冊)

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274068096/
第I部 Rubyの基礎
さあ、はじめよう
Ruby.new
クラス、オブジェクト、変数
コンテナ、ブロック、イテレータ
標準の型
メソッドの詳細

例外、catch、throw
モジュール
標準入出力
ファイバ、スレッド、プロセス
単体テスト
トラブルに遭遇したら

第II部 Rubyとその周辺
Rubyとその世界
対話的なRubyシェル(irb)
Rubyスクリプトのドキュメントを書く
RubyとWeb
RubyとWindows

第III部 Rubyの文法と動作の仕組み
Rubyの文法
ダックタイピング
Rubyを金庫に保管する
リフレクション、objectspace、分散Ruby

付録
索引
Programming Ruby 1.9 の刊行によせて
はじめに
『プログラミング Ruby 1.9 言語編』『プログラミング Ruby 1.9 ライブラリ編』の構成と読み進め方

第I部 Rubyの基礎

第1章 さあ、はじめよう
1.1 コマンドプロンプト
1.2 Rubyのインストール
1.3 Rubyの実行
1.4 Rubyのドキュメント:Rdocとri

第2章 Ruby.new
2.1 Rubyはオブジェクト指向言語である
2.2 Rubyの基本
2.3 配列とハッシュ
2.4 シンボル
2.5 制御構造
2.6 正規表現
2.7 ブロックとイテレータ
2.8 簡単な読み書き
2.9 コマンドライン引数
2.10 いざ、Rubyの世界へ

第3章 クラス、オブジェクト、変数
3.1 オブジェクトと属性
3.2 クラス変数とクラスメソッド
3.3 アクセス制御
3.4 変数

第4章 コンテナ・ブロック・イテレータ
4.1 ブロックとイテレータ
4.2 いたるところに登場するコンテナ

第5章 機能の共有:継承、モジュール、Mixin
5.1 継承とメッセージ
5.2 モジュール
5.3 名前空間
5.4 Mixin
5.5 イテレータとEnumerableモジュール
5.6 モジュールの構築
5.7 継承、Mixin、デザイン

第6章 標準型
6.1 数値
6.2 文字列
6.3 範囲

第7章 正規表現
7.1 正規表現でできること
7.2 Rubyの正規表現
7.3 さらに詳しく
7.4 高度な正規表現

第8章 さらにメソッドについて
8.1 メソッドの定義
8.2 メソッドの呼び出し

第9章 式
9.1 演算子式
9.2 その他の式
9.3 代入
9.4 条件式
9.5 Case式
9.6 ループ
9.7 変数のスコープ、ループ、ブロック

第10章 例外と大域脱出(catch/throw)
10.1 Exceptionクラス
10.2 例外の処理
10.3 例外を発生させる
10.4 catchとthrow

第11章 基本入出力
11.1 IOオブジェクトとは
11.2 ファイルのオープンとクローズ
11.3 ファイルの読み書き
11.4 ネットワークとのやり取り

第12章 ファイバ、スレッド、プロセス
12.1 ファイバ
12.2 マルチスレッド
12.3 スレッドスケジューラの制御
12.4 相互排他
12.5 複数のプロセスを動作させる

第13章 ユニットテスト
13.1 Test::Unitフレームワーク
13.2 テストの構造化
13.3 テストの編成と実行
13.4 RspecとShoulda

第14章 デバッガ
14.1 Rubyのデバッガ
14.2 対話型Ruby
14.3 エディタのサポート
14.4 うまく動かない!
14.5 それにしても遅すぎる!

第II部 Rubyとその周辺

第15章 Rubyとその世界
15.1 コマンドライン引数
15.2 プログラムの終了
15.3 環境変数
15.4 Rubyのライブラリ検索方法
15.5 RubyGemsの組み込み
15.6 RubyGemsのインストール
15.7 ビルドツールRake
15.8 ビルド環境

第16章 名前空間、ソースファイル、配布
16.1 名前空間
16.2 ソースの編成
16.3 コードの配布とインストール

第17章 文字エンコーディング
17.1 Encoding
17.2 ソースファイル
17.3 トランスコーディング
17.4 入力エンコーディングと出力エンコーディング
17.5 デフォルトの外部エンコーディング
17.6 エンコーディングの互換性
17.7 デフォルトの内部エンコーディング
17.8 Unicodeで遊ぶ

第18章 irb(対話型 Rubyシェル)
18.1 コマンドライン
18.2 設定
18.3 コマンド
18.4 制限

第19章 Rubyのドキュメントを書く
19.1 RubyのコードにRdocを追加する
19.2 C拡張ライブラリにRdocを追加する
19.3 Rdocの起動

第20章 Rubyと Web
20.1 CGIスクリプトを書く
20.2 クッキー
20.3 Webサーバの選択
20.4 フレームワーク

第21章 RubyとWindows
21.1 Windows版Rubyの入手
21.2 Windows環境でRubyを実行する
21.3 Win32API
21.4 Windowsオートメーション

第III部 Rubyの文法と動作の仕組み

第22章 Rubyの文法
22.1 ソースファイルのエンコーディング
22.2 ソースの構造
22.3 基本型
22.4 名前
22.5 変数と定数
22.6 式
22.7 メソッド定義
22.8 メソッドの呼び出し
22.9 別名定義
22.10 クラス定義
22.11 モジュール定義
22.12 アクセス制御
22.13 ブロック・クロージャ・procオブジェクト
22.14 例外
22.15 大域脱出

第23章 DuckTyping
23.1 クラスは型ではない
23.2 duck typingを使ったコーディング
23.3 標準のプロトコルと強制型変換
23.4 Walk the Walk, Talk the Talk:議論は使ってみてから

第24章 メタプログラミング
24.1 オブジェクトとクラス
24.2 特異メソッド
24.3 継承と可視性
24.4 モジュールとmixin
24.5 クラスレベルマクロのメタプログラミング
24.6 残る2つの形式のクラス定義
24.7 instance_evalとclass_eval
24.8 フックメソッド
24.9 最後の例
24.10 トップレベルの実行環境
24.11 タートルグラフィックスのプログラム

第25章 リフレクション、ObjectSpace、分散Ruby
25.1 オブジェクトを洗い出す
25.2 クラスを洗い出す
25.3 メソッドを動的に呼び出す
25.4 システムフック
25.5 プログラムの実行を追跡する
25.6 RubyVM
25.7 マーシャリングと分散Ruby
25.8 コンパイル時? 実行時? いつでもご自由に!

第26章 Rubyとセーフレベル
26.1 セーフレベル
26.2 汚染されたオブジェクト
26.3 信頼されたオブジェクト

付録A サポート
Webサイト
Usenetニュースグループ
メーリングリスト
バグレポート

参考文献

索引

著者・監訳者・訳者について