応用電子回路工学

今日の先端から将来までを見据えた画期的な電子回路工学の教科書!

このような方におすすめ

電気・電子工学系の高専,大学,大学院の学生
  • 著者松澤 昭
  • 定価3,024 (本体2,800 円+税)
  • A5 276頁 2014/06発行
  • ISBN978-4-88686-293-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

本書は,1990年以降,CMOS集積回路技術の進展,ディジタル化,ワイヤレス技術の進展などにより大きく変貌を遂げた電子回路工学を新たに見直し書き下ろしたものである。今日,大量に使用されているのにこれまであまり取り扱われなかった離散時間処理回路,A/D・D/A変換器,ΔΣ型A/D・D/A変換器,能動フィルタ,PLL回路,高周波回路,センサ周辺回路,スイッチング電源,ディジタル論理回路などを平易に解説した画期的な教科書である

第1章 離散時間処理
第2章 A/D D/A変換器
第3章 ΔΣ形A/D D/A変換器
第4章 フィルタ回路
第5章 位相同期ループ(PLL)
第6章 高周波回路
第7章 センサ周辺回路
第8章 電源回路
第9章 ディジタル論理回路