Home
 

Home > 理工学専門書 > 電気 > 理論・回路 > アナログ電子回路の基礎

アナログ電子回路の基礎

・著者:藤井 信生 著978-4-274-21608-4
・定価:2,700 円(本体2,500 円+税)
・A5 208頁

・ISBN

・発売日


かごに入れる

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

合計5000円(税別)以上のご注文の場合、配送料は無料となります。

 

(株)昭晃堂から発行していた書目をオーム社より再発行するもの.

本書は,内容を等価回路などアナログ電子回路の基礎事項に限って詳しく説明し,数値の入った多くの例題と98問の演習問題を通してこの基礎事項の完全な理解を目指している.アナログ電子回路の常識的な素子値が身につくよう,例題・問題には具体的な数値を設定した.解答も経過を省略せずに掲載しているので,ぜひ解いてほしい.

2014/09
★このような方におすすめ
主要目次
1 トランジスタの動作と特性
2 増幅回路の基本構造と等価回路
3 トランジスタ基本回路
4 帰還回路と発振回路
5 差動増幅回路と演算増幅器
ページトップへ戻る
詳細目次
1 トランジスタの動作と特性
1.1  半導体と電気伝導
 1.1.1 半導体のキャリア
 1.1.2 p形半導体とn形半導体
 1.1.3 半導体中のキャリアの動き
1.2  pn接合とダイオード
 1.2.1 pn接合
 1.2.2 pn接合ダイオード
 1.2.3 ダイオードの整流作用と電源回路
1.3  トランジスタの動作
 1.3.1 MOS電界効果トランジスタ
 1.3.2 バイポーラトランジスタ
演習問題

2 増幅回路の基本構造と等価回路
2.1  増幅回路の入力と出力
 2.1.1 入力と出力の電圧,電流
 2.1.2 増幅回路の利得と入力インピーダンス
2.2  バイアスと信号
 2.2.1 信号電圧の入力
 2.2.2 バイアスの設定
 2.2.3 電圧を出力とする回路
 2.2.4 最適なバイアス
2.3  増幅回路の基本構造
 2.3.1 バイアスと信号の分離と合成
 2.3.2 ソース接地増幅回路の基本構造
2.4  増幅回路の微小信号等価回路による解析
 2.4.1 微小信号による回路の線形化
 2.4.2 増幅回路の微小信号等価回路
2.5  トランジスタの等価回路
 2.5.1 MOS FETの等価回路
 2.5.2 バイポーラトランジスタの等価回路
演習問題

3 トランジスタ基本回路
3.1  3種類のトランジスタ接地形式
3.2  電圧増幅機能回路
 3.2.1 MOS FETソース接地回路
 3.2.2 ドレーン接地回路
 3.2.3 ゲート接地回路
3.3  バイポーラトランジスタ基本増幅回路
 3.3.1 エミッタ接地回路
 3.3.2 コレクタ接地回路
 3.3.3 ベース接地回路
3.4  MOS FET回路とバイポーラトランジスタ回路の比較
 3.4.1 入力インピーダンスの違い
 3.4.2 増幅度の違い
3.5  増幅回路の縦続接続
 3.5.1 縦続接続回路
 3.5.2 縦続接続回路の利得の計算
3.6  増幅回路の周波数特性
 3.6.1 増幅回路の周波数依存性を考慮した回路
 3.6.2 増幅回路の遮断周波数
演習問題

4 帰還回路と発振回路
4.1  帰還回路とループ利得
4.2  負帰還増幅回路の原理
 4.2.1 帰還増幅回路
 4.2.2 負帰還増幅回路の回路と利得
 4.2.3 負帰還の効果
4.3  負帰還増幅回路の実際
 4.3.1 抵抗による負帰還増幅回路の構成
 4.3.2 負帰還増幅回路の発振と対策
4.4  正帰還回路と発振回路
 4.4.1 発振回路の原理
 4.4.2 発振回路の実際
演習問題

5 差動増幅回路と演算増幅器
5.1  差動増幅回路
 5.1.1 差動増幅回路の基本回路構成
 5.1.2 単一出力差動増幅回路
5.2  演算増幅器
 5.2.1 演算増幅器の差動利得
 5.2.2 演算増幅器による負帰還増幅回路
5.3  演算増幅器の応用回路
 5.3.1 線形回路への応用
 5.3.2 非線形回路への応用
 5.3.3 演算増幅器の使用限界
5.4  大信号出力回路
 5.4.1 プッシュプル回路
 5.4.2 プッシュプル回路のバイアス
 5.4.3 プッシュプル回路の電力
演習問題

演習問題解答
索引
ページトップへ戻る