放射線技術学シリーズ X線撮影技術学(改訂2版)

X線画像解剖とX線撮影の勘どころがイラストでわかる!

このような方におすすめ

○診療放射線技師養成校の大学・短大・専門学校生
○診療放射線技師
  • 著者日本放射線技術学会 監修/京都医療科学大学 小田 敍弘 大阪大学医学部附属病院 土`井 司 奈良県立医科大学附属病院 安藤 英次 共編
  • 定価5,940 (本体5,500 円+税)
  • A4変 336
  • ISBN978-4-274-21644-2
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

「X線撮影技術学」は、2009年4月の初版の発行から5年以上経過しました。その中で、臨床現場で必要とされている撮影法を見直し、さらに人工関節撮影など、今後、ニーズが高まる撮影法を追加しています。

 本書は、X線撮影に関するポジショニングや撮影のポイントを、700点以上の写真とイラストを使って、ていねいに解説しています。また、ポジショニングの修正パターンを掲載しているので、診療放射線技師養成校の学生だけでなく、教科書の枠を超えて臨床現場で活躍する初級・中級の技師にも幅広く役立つ書籍としてまとめてあります。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274216442/
第1章 DR画像の基礎と最適化へのアプローチ
第2章 撮影基準面(線)と体位
第3章 頭部・頸部
第4章 胸部・胸郭・腹部
第5章 乳 房
第6章 骨盤・股関節
第7章 脊 椎
第8章 上 肢
第9章 下 肢
索 引