Home
 

Home > 資格試験 > 環境・福祉系 > エックス線作業主任者試験 徹底研究 改訂2版

エックス線作業主任者試験 徹底研究 改訂2版

・著者:平井 昭司・佐藤 宏・上島 久正・鈴木 章悟・持木 幸一 共著978-4-274-21638-1
・定価:3,024 円(本体2,800 円+税)
・A5 256頁

・ISBN

・発売日


かごに入れる

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

合計5000円(税別)以上のご注文の場合、配送料は無料となります。

エックス線作業主任者試験対策書の定番、待望の改訂!

 

 多くの読者の方々に好評を得ている、2006年11月発行『エックス線作業主任者試験 徹底研究』の改訂2版です。

 前版の構成(キーワードを一つの節とし、節内では重要ポイント→ポイントの解説部→例題+解説・解答という構成)を踏襲していますが、発行後7年が経過する中で、2007年以降の問題を精査し、出題傾向に即した内容を取り込んで再構成し、新規の問題を例題として取り上げるなど、内容を刷新して発行するものです。

2014/09
★このような方におすすめ
エックス線作業主任者試験受験者
主要目次
1章 エックス線の管理に関する知識
2章 関係法令
3章 エックス線の測定に関する知識
4章 エックス線の生体に与える影響に関する知識
5章 模擬試験問題と解説・解答
ページトップへ戻る
詳細目次
1章 エックス線の管理に関する知識
 1-1 エックス線の性質
 1-2 エックス線の物質との相互作用
 1-3 物質を透過するエックス線線量率の減弱
 1-4 エックス線線量率の距離による減弱
 1-5 エックス線の発生
 1-6 エックス線装置からのエックス線の発生
 1-7 エックス線装置からの漏れ線量と散乱線量
 1-8 エックス線装置の種類と利用の目的
 1-9 エックス線障害防止のための管理
2章 関係法令
 2-1 総則
 2-2 管理区域並びに線量の限度及び測定
 2-3 外部放射線の防護
 2-4 緊急措置
 2-5 エックス線作業主任者
 2-6 作業環境測定
 2-7 健康診断
 2-8 安全衛生管理体制
3章 エックス線の測定に関する知識
 3-1 測定の単位
 3-2 放射線防護に用いられる線量
 3-3 検出器の原理と特徴
 3-4 サーベイメーターの構造と取扱い
 3-5 積算型電離箱サーべーメーターによる線量率測定
 3-6 個人線量計の構造と特徴
4章 エックス線の生体に与える影響に関する知識
 4-1 放射線生物作用の基礎
 4-2 細胞と組織の放射線感受性
 4-3 放射線影響の分類
 4-4 エックス線が組織・器官に与える影響
 4-5 エックス線が全身に与える影響
 4-6 線量限度
5章 模擬試験問題と解説・解答
 1 エックス線の管理
 2 関係法令
 3 エックス線の測定
 4 エックス線の生体に与える影響
 模擬試験問題と解説・解答
ページトップへ戻る