看護必要度Q&A(第2版) 平成28年度診療報酬改定及び新設のC項目に完全対応!

各項目の判断基準がよくわかる! 新設のC項目も詳細解説!

このような方におすすめ

看護必要度評価者
看護必要の導入を検討している病院の方々
看護師の方々
  • 著者田中 彰子・筒井 孝子 監修/看護Wise Clipper回答者チーム 編
  • 定価2,808 (本体2,600 円+税)
  • A5 288
  • ISBN978-4-274-21976-4
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 「看護必要度」は、 提供した医療の結果やその根拠が評価されるツールとして1996年から開発が進められ、現在では施設基準の診療報酬上の要件としてだけでなく、看護配置や要員管理等、医療・看護の質を担保する意味でも有効な仕組みとなっています。

 診療報酬改定は基本的に2年ごとに実施され、看護必要度の係る施設基準等も見直しがなされます。したがって、本第2版は、平成28年度の診療報酬改定における看護必要度の見直し(評価方法の変更等)を受け、内容を一部刷新し新たに発行するものです。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274219764/
Step1. 平成28年度診療報酬改定内容について教えてください
Step2. 看護必要度の概要を教えてください
Step3. 看護必要度の評価方法を教えてください
Step4. A項目の評価の全体的な考え方について教えてください
Step5. B項目の評価の全体的な考え方について教えてください
Step6. C項目の評価の全体的な考え方について教えてください
Step7. A項目の個別評価は?
Step8. B項目の個別評価は?
Step9. C項目の個別評価は?
Step10. その他項目の個別評価は?
付録 平成28年度の改訂概要/通知の概要/評価票/疑義解釈通知/参考になるサイト