Home
 

Home > 理工学専門書 > 機械 > 機械工学一般 > 機械工学入門シリーズ 生産管理入門(第4版)

機械工学入門シリーズ 生産管理入門(第4版)

・著者:坂本 碩也・細野 泰彦 共著978-4-274-21995-5
・定価:2,376 円(本体2,200 円+税)
・A5 232頁

・ISBN

・発売日


かごに入れる

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

合計5000円(税別)以上のご注文の場合、配送料は無料となります。

ISO 9001/ISO 14001:2015[対応]入門書の決定版! 最新の管理手法に対応した改訂版。

 

組織の全体最適化を目指す、俯瞰的視点からのアプローチ。

生産管理に関連するマネジメント技術の全てを解説。

現代の生産管理の分野では、最新の科学を導入したさまざまな手法が使われています。

本書は、高品質・高能率の生産を実現するための合理的な管理のしかたを体系的にまとめ、簡潔に説明したものです。

第4版では、ISO 9001/14001改訂に対応するため「マネジメントシステム」の章を全面改訂し、

12年ぶりの改訂として紙面をリニューアルするとともに全体の見直しを行い、内容のさらなる充実を図りました。

管理業務に従事する方々の実務参考書として、

企業内研修および学校教育用テキストとして最適です。

2017/02
★このような方におすすめ
工学系の学生および工学系業務に従事する技術者
主要目次
1章 生産管理
2章 生産組織
3章 生産の基本的な計画
4章 工程管理
5章 作業研究
6章 資材と運搬の管理
7章 設備と工具の管理
8章 品質管理
9章 環境と安全衛生管理
10章 人事管理
11章 工場会計
12章 情報処理
13章 マネジメント システム

演習問題解答
参考文献/索引
ページトップへ戻る
詳細目次
1章 生産管理
1・1 生産
 1. 生産とは
 2. 生産性とは
1・2 企業と工場
 1. 企業とは
 2. 工場とは
 3. 工場の種類
1・3 経営と管理
 1. 経営とは
 2. 管理とは
 3. 報告制度
1・4 経営・管理の歴史
 1. 科学的管理法の誕生
 2. 人間関係の重視
 3. 管理科学の発達
1・5 生産管理
 1. 生産管理とは
 2. 生産管理の要点
 3. 生産管理の合理化

2章 生産組織
2・1 企業の組織
 1. 組織とは
 2. 組織の原則
2・2 工場の管理組織
 1. ラインとスタッフ
 2. ライン組織(直系組織)
 3. 機能組織
 4. ライン スタッフ組織
 5. 事業部制組織
 6. 小集団組織

3章 生産の基本的な計画
3・1 製品計画
 1. 研究開発
 2. 製品設計
3・2 生産計画
 1. 生産方式の選定
 2. 生産計画の進め方
 3. 期間別の生産計画
3・3 工場計画
 1. 工場立地
 2. 工場敷地
 3. 工場建築
 4. 設備配置

4章 工程管理
4・1 工程管理とは
4・2 工程計画
 1. 手順計画
 2. 工数計画
 3. 負荷計画
 4. 日程計画
4・3 作業の手配と統制
 1. 作業手配
 2. 工程統制
4・4 PERT
 1. PERTとは
 2. アロー ダイヤグラムとは
 3. アローダイヤグラムのつくり方
 4. PERT計算
演習問題

5章 作業研究
5・1 作業研究とは
5・2 工程分析
 1. 工程分析とは
 2. 工程分析の方法
 3. 流れ作業
5・3 オートメーション
 1. オートメーションとは
 2. オートメーションの種類
5・4 動作研究
 1. 動作研究とは
 2. サーブリッグ分析
 3. ビデオ分析
 4. 動作経済の原則
5・5 時間研究
 1. 時間研究とは
 2. 標準時間の設定
 3. 正味時間の決め方
5・6 作業研究の活用
 1. 作業標準
 2. 作業標準資料の活用方法
演習問題

6章 資材と運搬の管理
6・1 資材管理
 1. 資材管理とは
 2. 資材の種類
 3. 資材の計画
6・2 購買管理
 1. 購買の調査と計画
 2. 購買の手続き
 3. 発注の方式
6・3 外注管理
 1. 外注管理とは
 2. 外注利用の目的
 3. 外注管理の内容
6・4 運搬管理
 1. 運搬管理とは
 2. 運搬計画
 3. 運搬設備
6・5 倉庫管理
 1. 倉庫管理とは
 2. 倉庫の建物と設備
演習問題

7章 設備と工具の管理
7・1 設備管理
 1. 設備管理とは
 2. 設備計画
 3. 設備の新設と更新
 4. 設備の保全
 5. 設備管理の資料
7・2 治工具管理
 1. 治工具管理とは
 2. 標準化と整理
 3. コンピュータの利用

8章 品質管理
8・1 品質管理とその歩み
 1. 品質管理とは
 2. 品質管理の歩み
8・2 品質特性値とばらつき
 1. 品質特性値とは
 2. 品質特性値のばらつき
8・3 データのまとめ方
 1. データと統計的方法
 2. 母集団とサンプル
 3. まとめ方の基本
 4. 正規分布
8・4 管理図
 1. 管理図とは
 2. 管理図の種類
 3. 管理図のつくり方
 4. 管理図の見方
8・5 抜取検査
 1. 検査とは
 2. 全数検査と抜取検査
 3. 抜取検査の種類
 4. OC曲線
演習問題

9章 環境と安全衛生管理
9・1 産業公害
 1. 公害問題
 2. 環境基本法
 3. 環境管理
9・2 産業災害
 1. 災害発生のしくみ
 2. 労働災害
 3. 施設災害
9・3 安全管理
 1. 安全管理の組織
 2. 安全管理の業務
 3. 安全の教育と運動
9・4 衛生管理
 1. 衛生管理の組織
 2. 衛生管理の業務
9・5 労働安全衛生マネジメント システム
 1. 労働安全衛生マネジメント システムの考え方
 2. 労働安全衛生マネジメント システムの構造

10章 人事管理
10・1 人事管理とは
10・2 雇用管理
 1. 雇用管理とは
 2. 採用と配置
 3. 人事異動
10・3 教育訓練
 1. 教育訓練の種類
 2. 能力開発
10・4 人事考課
 1. 人事考課とは
 2. 人事考課の方法
10・5 賃金管理
 1. 賃金管理とは
 2. 賃金管理の目的
 3. 賃金体系と基本給
 4. 賃金支払いの形態
10・6 労使関係
 1. 労使関係とは
 2. 労働法規
 3. 労働組合の組織と制度

11章 工場会計
11・1 原価計算
 1. 原価計算とは
 2. 原価の構成
 3. 原価計算の種類
11・2 減価償却
 1. 減価償却とは
 2. 減価償却の方法
11・3 原価管理
 1. 原価管理とは
 2. 原価管理の方法
演習問題

12章 情報処理
12・1 コンピュータの構成
 1. 入力装置
 2. 出力装置
 3. 主記憶装置(主メモリ)
 4. 演算装置
 5. 制御装置
12・2 情報処理のしくみ
 1. 2進法
 2. 論理回路
 3. ビット
12・3 プログラミング
 1. プログラミングとは
 2. 流れ図
 3. プログラミングの手順
 4. プログラム言語
12・4 コンピュータの利用
 1. 処理方式の種類
 2. オペレーティング システム
 3. アプリケーション プログラム
 4. コンピュータ ネットワーク
12・5 コンピュータの生産支援
 1. FA(ファクトリ オートメーション)の構成要素
 2. CIM

13章 マネジメント システム
13・1 品質マネジメント システム
 1. ISOとは
 2. ISO 9000とは
 3. ISO 規格の考え方
 4. 品質マネジメントの原則
 5. 品質マネジメントの基本的活動
13・2 環境マネジメント システム
 1. 成功のための要因
 2. PDCAサイクルの適用
 3. 環境マネジメントに関する基本概念
 4. 環境マネジメントに関する役割と責任者
13・3 情報セキュリティ マネジメント システム
 
演習問題解答
参考文献/索引
ページトップへ戻る