電気工事と安全管理(改訂新版)

初級電設技術者にも理解しやすい、電気工事現場作業の流れに沿った、実用性の高い実務書です。

このような方におすすめ

建設会社、電気工事会社の電気技術者
  • 著者一般社団法人日本電設工業協会技術・安全委員会安全・防災専門委員会
  • 定価2,160 (本体2,000 円+税)
  • A4 160頁 2017/03発行
  • ISBN978-4-88949-102-9
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 産業界をはじめ各実施主体の労働災害防止に向けた継続的な取組により、労働災害発生件数は減少傾向にあります。しかし近年の電気設備工事業界では作業員の高齢化、若年者の入職率低迷などにより作業員不足が慢性化することで工程遅延、労働災害の発生が危惧される状況にあります。本書は職場で働く一人ひとりの安全意識の徹底を主旨としたもので,電気工事の安全衛生管理についての具体的な取組みから総括的な体制づくりまで,現場実務に即して詳細に解説しました。

1.労働災害防止の取組み
2.現場の災害防止
3.災害発生時の対応
4.労務管理
5.法規、手続き、届出書類、資格等