Home
 

Home > 資格試験 > 建築土木系 > ミヤケン先生の合格講義 1級造園施工管理試験

ミヤケン先生の合格講義 1級造園施工管理試験

・著者:宮入 賢一郎 著978-4-274-22054-8
・定価:3,240 円(本体3,000 円+税)
・A5 368頁

・ISBN

・発売日


かごに入れる

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

合計5000円(税別)以上のご注文の場合、配送料は無料となります。

出題傾向を徹底分析!これ1冊で合格一直線!

 

1級造園施工管理技術検定試験の「学科試験」「実地試験」両方に対応した受験書です。

近年の試験問題を徹底的に分析し、最新の出題傾向に沿った内容構成としています。

学科試験・実地試験に向けて効率よく勉強できるように、各学期(各編)は、次のように分かれています。

■「1学期」:学科試験のみで問われる分野

■「2学期」:学科試験と実地試験で問われる分野

■「3学期」:実地試験のみで問われる分野

本書では、実地試験をにらみながら、学科試験の分野と学科試験・実地試験の共通分野を効率的に学習することができます。

また、「3学期」の「1章 経験業務記述試験」では、苦手な方の多い「経験記述の問題」を解答するにあたり、どのようなことに注意すればよいのかをわかりやすくコンパクトに解説しています。

“選択問題を解く力”だけでなく、“記述力”もアップできる受験者必携の1冊です。

2017/04
★このような方におすすめ
1級造園施工管理技術検定試験を受験される方
主要目次
予習 
 1章 試験概要
 2章 学科試験の分析
 3章 実地試験の分析
 4章 攻略の秘訣
1学期 学科試験 集中ゼミ
 1章 造園の歴史
 2章 造園材料
 3章 植栽施工
 4章 植物管理
 5章 造園施設
2学期 学科・実地共通科目 集中ゼミ
 1章 測量
 2章 契約,設計図書
 3章 関連法規
 4章 施工計画
 5章 建設機械
 6章 工程管理
 7章 品質管理
 8章 安全管理
3学期 実地試験 集中ゼミ
 1章 経験業務記述試験
 2章 施工技術記述試験
 3章 管理項目記述試験
ページトップへ戻る
詳細目次
予習 
 1章 試験概要
 2章 学科試験の分析
 3章 実地試験の分析
 4章 攻略の秘訣
1学期 学科試験 集中ゼミ
 1章 造園の歴史
  1.1 日本の庭園
  1.2 我が国の公園制度
  1.3 西洋の公園
 2章 造園材料
  2.1 樹木と植生
  2.2 草花
  2.3 芝、その他の地被植物など
  2.4 石材、レンガ、木材など
  2.5 土壌
 3章 植栽施工
  3.1 樹木植栽
  3.2 植栽基盤、土壌改良
 4章 植物管理
  4.1 剪定
  4.2 施肥
  4.3 病虫害防除
  4.4 芝生管理
 5章 造園施設
  5.1 敷地造成
  5.2 コンクリート
  5.3 舗装
  5.4 運動施設
  5.5 遊戯施設
  5.6 水景施設
  5.7 給水施設
  5.8 排水施設
  5.9 電気施設
  5.10 建築
  5.11 バリアフリー、ユニバーサルデザイン
  5.12 造園技法
2学期 学科・実地共通科目 集中ゼミ
 1章 測量
  1.1 主な測量の種類
  1.2 水準測量
 2章 契約,設計図書
  2.1 公共工事標準請負契約約款と契約図書
  2.2 請負工事費
 3章 関連法規
  3.1 都市公園法
  3.2 建築基準法
  3.3 建設業法
  3.4 労働基準法
  3.5 労働安全衛生法
  3.6 その他関連法規
 4章 施工計画
  4.1 施工計画の概要
  4.2 施工機械の選定と作業日数
  4.3 三大管理、原価管理
  4.4 建設副産物、廃棄物処理、環境保全
 5章 建設機械
  5.1 建設機械の種類と特徴
  5.2 建設機械の作業能力
 6章 工程管理
  6.1 工程管理の概要と工種工程表
  6.2 ネットワーク式工程表の作成
  6.3 配員計画(山積・山崩計算)
  6.4 工程管理曲線
 7章 品質管理
  7.1 品質管理のポイント
  7.2 公共用緑化樹木等品質寸法規格基準(案)
  7.3 造園資材の品質管理
 8章 安全管理
  8.1 労働安全衛生規則―掘削工事―
  8.2 労働安全衛生規則―高所作業と足場―
  8.3 労働安全衛生規則―車両建設機械―
  8.4 労働安全衛生規則―クレーン等安全規則―
3学期 実地試験 集中ゼミ
 1章 経験業務記述試験
  1.1 記述形式と略法
  1.2 解答例文【5例】
 2章 施工技術記述試験
 3章 管理項目記述試験
  3.1 工程管理
  3.2 品質管理
  3.3 安全管理
ページトップへ戻る