Home
 

Home > 理工学専門書 > 基礎からわかるごみ焼却技術



基礎からわかるごみ焼却技術

・著者:タクマ環境技術研究会978-4-274-50673-4
・定価:2,916 円(本体2,700 円+税)
・A5 312頁

・ISBN

・発売日


◆予約受付中 発売後に発送します

かごに入れる

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

合計5000円(税別)以上のご注文の場合、配送料は無料となります。

廃棄物焼却の基礎からごみ発電、バイオガス利用までやさしく解説

 

 家庭や事務所から排出される一般廃棄物(ごみ)は、約80%が焼却処理されていますが、焼却時に発生するばいじんやダイオキシン類などの有害物質の抑制・除去には、最新の焼却技術が導入されています。本書は、廃棄物の基礎知識はもちろん、ごみ焼却入門から焼却施設の種類や仕組み、さらにはごみ発電やバイオガス利用までを、豊富な図表を用いてていねいに解説している書籍です。

2017/11
★このような方におすすめ
ごみ焼却関連業務に従事する初級技術者
主要目次
序章 廃棄物の基礎知識
第1章 こみ焼却入門
第2章 「ごみ」とは
第3章 燃焼の計算
第4章 焼却施設の概要
第5章 焼却施設でのごみ燃焼
第6章 ダイオキシンの発生と対策
第7章 燃焼熱の利用
第8章 排ガス処理
第9章 排水と焼却灰・残渣処理
第10章 バイオ関連技術
付録
ページトップへ戻る
詳細目次
まえがき
序章 廃棄物の基礎知識
0.1 廃棄物とは
0.2 一般廃棄物の状況
0.3 産業廃棄物の状況
0.4 ごみ処理技術の概要
0.5 製品LCAとごみ処理
0.6 地球温暖化とごみ
0.7 廃棄物と国際条約
0.8 最終処分場
0.9 ごみの資源化
0.10 循環型社会の法体系
0.11 容器包装のりサイクル
0.12 小型家電のりサイクル
0.13 食品のりサイクル
0.14 建設資材のりサイクル
0.15 自動車のりサイクル

第1章 こみ焼却入門
1.1 ごみ焼却の目的
1.2 焼却処理の特徴
1.3 焼却施設の概要
1.4 焼却施設の変遷
1.5 焼却方式の種類
1.6 最近の焼却施設の変化
1.7 新しい焼却技術
1.8 ごみ処理技術の多様化
1.9 ごみ焼却の課題

第2章 「ごみ」とは
2.1 ごみ質とは
2.2 ごみ質の分析
2.3 ごみ質の傾向
2.4 ごみの組成
2.5 ごみ発熱量の算出
2.6 RDF(ごみ燃料)
2.7 燃料化技術

第3章 燃焼の計算
3.1 燃焼とは
3.2 燃焼空気量の計算
3.3 空気比とは
3.4 燃焼ガス量の計算
3.5 実際ごみでの空気量,ガス量
3.6 1次燃焼と2次燃焼
3.7 ストーカ炉
3.8 流動床炉
3.9 熱精算


第4章 焼却施設の概要
4.1 地域計画の策定
4.2 施設の種類・規模
4.3 関連設備計画
4.4 計画ごみ質
4.5 処理能力
4.6 熱灼減量
4.7 火格子燃焼
4.8 燃焼室出口温度
4.9 燃焼室熱負荷
4.10 環境アセスメント
4.11 位置選定と適用法規
4.12 環境保全対策:大気
4.13 環境保全対策:水質

第5章 焼却施設でのごみ燃焼
5.1 計量機
5.2 プラットホーム
5.3 投入扉
5.4 ごみピット
5.5 ごみクレーン
5.6 ごみホッパと給じん装置
5.7 ストーカの機能
5.8 ストーカの種類
5.9 焼却炉本体の構造
5.10 耐火物の種類と選定
5.11 燃焼用空気系統
5.12 排ガス系統
5.13 煙突
5.14 アドバンスド型ストーカ炉
5.15 自動燃焼制御(ACC)

第6章 ダイオキシンの発生と対策
6.1 ダイオキシン類とは
6.2 ダイオキシン類の発生量
6.3 ダイオキシン類の発生抑制
6.4 ダイオキシン類の除去
6.5 灰中のダイオキシン類
6.6 ダイオキシン類とごみ焼却
6.7 ダイオキシン類の環境基準
6.8 ダイオキシン類対策特別措置法
6.9 ダイオキシン類と作業環境

第7章 燃焼熱の利用
7.1 ボイラーの形式と選定
7.2 ポイラーの腐食と摩耗
7.3 ポイラー設備の構成
7.4 ポイラーの付属装置
7.5 ボイラーの水処理設備
7.6 焼却施設の熱利用
7.7 ごみ発電の現状
7.8 ごみ発電のゆくえとFIT
7.9 ごみ発電の計画
7.10 従来のごみ発電(低効率の原因)
7.11 今後のごみ発電(効率の向上策)
7.12 スーパーごみ発電
7.13 燃料追いだきとリバーニング
7.14 低温エコノマイザー(排ガスか
らの熱回収技術)
7.15 高温・高圧過熱器材料
7.16 蒸気タービンの出力制御

第8章 排ガス処理
8.1 排ガス処理技術の変遷
8.2 排ガスの性状:ばいじん
8.3 排ガスの性状:HCl、SOx、Hg
8.4 排ガスの性状:NOx
8.5 排ガス処理システム
8.6 集じん技術
8.7 HCl、SOx除去技術
8.8 NOx除去技術
8.9 排ガス処理の課題

第9章 排水と焼却灰・残渣処理
9.1 排水の性状
9.2 排水処理システム
9.3 排水中の有害物質除去
9.4 排水の有効利用・
9.5 焼却灰搬出装置
9.6 ばいじんの取扱い
9.7 ばいじんの中間処理技術
9.8 焼却残渣の溶融固化法
9.9 焼却残漕溶融炉の種類
9.10 スラグなどの利用
9.11 焼却残渣の資源化

第10章 バイオ関連技術
10.1 ガス化溶融の技術
10.2 キルン式ガス化溶融炉
10.3 流動床式ガス化溶融炉
10.4 直接溶融炉
10.5 メタン発酵の技術
10.6 メタン発酵の装置
10.7 バイオガスの利用方法

付録I SI単位系と接頭語
付録2 廃棄物処理法
索引
ページトップへ戻る