はじめての環境・設備設計シミュレーション CFDガイドブック

CFDによる空調・換気・熱環境シミュレーションを行うためのガイドマニュアル!

このような方におすすめ

設備設計者・エンジニアなど
  • 著者空気調和・衛生工学会 編
  • 定価4,104 (本体3,800 円+税)
  • B5 192頁 2017/11発行
  • ISBN978-4-274-22153-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 建築設備における空調・換気・熱環境の設計・評価に用いられる流体力学を基礎とした数値解析手法CFD(Computational Fluid Dynamics、数値流体力学)によるシミュレーションのガイドマニュアルです。

 現在、CFDは風洞実験や模型実験と並ぶ重要な技術として、建築・空調分野では、主に建物内外の風の挙動把握や都市環境、室内温熱環境の診断、防災の解析などに活用されています。これまで限られた研究者や研究機関などの利用に限られてきたCFDですが、近年のコンピュータの急速な発展と高機能なCFDソフトの開発が進んだことにより、その活用範囲は急速に広がりつつあります。

 本書は、設備設計者やエンジニアが初めてCFD解析するために必要なすべて知識網羅し、解析する前の基本事項から計算結果の判定、各種室内への適用事例までを分かりやすく、簡素かつ丁寧に解説しています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274221538/
1章 CFDによる環境・設備設計シミュレーション
2章 シミュレーションの品質確保のための基本事項
3章 環境・設備設計の実務への応用
4章 室内環境問題を対象としたベンチマークテスト
付録 数値流体解析技術による室内環境解析の基礎
1章 CFDによる環境・設備設計シミュレーション
 1-1 本書の目的
 1-2 計算機の発達とCFD技術の普及
 1-3 汎用CFDソフトウェア
 1-4 本書の構成

2章 シミュレーションの品質確保のための基本事項
 2-1 CFDの品質確保
 2-2 計算モデル作成の前に
 2-.3 乱流の取り扱い
 2-4 メッシュの品質チェック
 2-5 適切な計算スキームの選択
 2-6 計算完了の判定
 2-7 ヒューマンエラー防止のために

3章 環境・設備設計の実務への応用
 3-1 実務にCFDを用いる目的と利点および難しさ
 3-2 実務でCFD利用をする際の注意点
 3-3 各種室内環境への適用事例

4章 室内環境問題を対象としたベンチマークテスト
 4-1 ベンチマークテスト
 4-2 等温室内気流問題
 4-3 非等温室内気流問題
 4-4 数値サーマルマネキン
 4-5 通風気流
 4-6 空調室内気流
 4-7 火災気流

付録 数値流体解析技術による室内環境解析の基礎
 A  流れの基礎式と乱流モデル
 B  流れの数値解法
 C  放射伝熱の基礎