放射線技術学シリーズ MR撮像技術学(改訂3版)

国家試験の出題内容に対応した定番教科書 放射線技術学シリーズの改訂3版

このような方におすすめ

○診療放射線技師養成校の大学・短大・専門学校生
○診療放射線技師
  • 著者日本放射線技術学会 監修/京都医療科学大学 笠井 俊文 奈良県立奈良病院 土`井 司 共編
  • 定価5,724 (本体5,300 円+税)
  • B5 440
  • ISBN978-4-274-22109-5
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

「MR撮像技術学」の初版は2001年12月に、改訂2版は2008年2月に発行し、改訂2版発行から9年以上が経過しているので、全体を通して見直しています。

 教科書としての基本的な枠組みは改訂2版を踏襲し、改訂2版の中で不足している箇所を補完し、最近の国家試験の傾向を踏まえて、今まで以上に使いやすい教科書となっています。また、臨床現場で活躍する技師の方々からも好評を得ているので、卒業後も役に立つ部分を教科書という枠組みを超えない程度でまとめてあります。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274221095/
第1章 MR撮像技術の原理
第2章 MR装置の構成
第3章 MRの物理と数学の基礎知識
第4章 MRI用造影剤
第5章 アーチファクト
第6章 評価法
第7章 安全性と管理
第8章 各種MR検査法
 8.1 頭部領域
 8.2 脊椎・脊髄領域
 8.3 胸部・心臓領域
 8.4 上腹部領域
 8.5 泌尿・生殖器領域
 8.6 四肢・関節領域:肩関節,股関節,膝関節,四肢筋肉
 8.7 大血管領域
演習問題解説・解答
参考文献
参考資料
索引