いちばんやさしい二種電工技能試験(第2版)

映像でも確認できるから安心! 技能試験のポイントをやさしく解説

このような方におすすめ

第二種電気工事士技能試験の受験者および指導者
  • 著者オーム社 編
  • 定価2,052 (本体1,900 円+税)
  • B5 172頁 2018/05発行
  • ISBN978-4-274-50693-2
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は、はじめて第二種電気工事士技能試験を受験される方を対象に、試験の概要から、器具・ケーブルの基礎知識と施工方法、複線図の書き方を丁寧に解説した一冊です。

 技能試験に臨むまでの流れ、単線図から複線図への直し方、各器具やケーブルの基本作業手順まで、技能試験の受験に必要な要素をやさしく解説しています。また平成29年度より見直された「欠陥の判断基準」についても、その対策方法と合せて解説しているので安心です。さらに、基本作業や練習問題についてはDVD、インターネットで実際の映像が確認できるので、初心者でも安心して学習できます。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274506932/
第1編 技能試験 受験の手引き
第2編 支給材料の基礎知識
第3編 配線図と複線図
第4編 基本作業の手順とポイント
第5編 寸法とケーブル処理の考え方
第6編 過去問題で練習
第7編 合格の判断基準と欠陥例
第1編 技能試験 受験の手引き
   1 技能試験の概要
   2 技能試験の実際
   3 合格基準と判断基準
   4 合格するためには
   5 資格取得までの流れ

第2編 支給材料の基礎知識
   1 ケーブル・電線類
   2 ボックス類
   3 電線管等
   4 照明器具
   5 配線器具等
   6 電線接続材料

第3編 配線図と複線図
   1 接地側電線と非接地側電線
   2 配線の基本
   3 複線図の書き方

第4編 基本作業の手順とポイント
   1 作業用工具
   2 VVFケーブルのシースのはぎ取り
   3 VVRケーブルのシースのはぎ取り
   4 絶縁被覆のはぎ取り
   5 電線接続の基本
   6 VVFジョイントボックスを用いた接続
   7 アウトレットボックスを用いた接続
   8 輪づくり
   9 ランプレセプタクルへの結線
  10 露出形コンセントへの結線
  11 引掛シーリングローゼット(角形)への結線
  12 引掛シーリングローゼット(丸形)への結線
  13 埋込連用取付枠への配線器具の取り付け
  14 埋込連用器具(1個)への結線
  15 埋込連用器具(2個)への結線
  16 埋込連用器具(3個)への結線
  17 配線用遮断器への結線
  18 端子台への結線
  19 PF管とアウトレットボックスの接続
  20 ねじなし電線管とアウトレットボックスの接続
  21 ボンド線の取り付け

第5編 寸法とケーブル処理の考え方
   1 課題の寸法と作業手順
   2 ケーブルのはぎ取り寸法
   3 ケーブルの切断寸法
   4 ケーブルの切断・加工寸法

第6編 過去問題で練習
   1 技能試験の手順
   2 練習問題1
   3 練習問題2
   4 練習問題3

第7編 合格の判断基準と欠陥例
   1 第二種電気工事士技能試験の判断基準
   2 主な欠陥例