理工系のための超頑張らないプレゼン入門

プレゼンが嫌で嫌でしゃーない理工系のための救世書!口頭発表に関するノウハウだけでなく、懇親会での振る舞い方などについても紹介しています

このような方におすすめ

理工系エンジニア、高校〜大学院生、英語学習者 など
  • 著者安田 陽
  • 定価1,620 (本体1,500 円+税)
  • 四六 224頁 2018/08発行
  • ISBN978-4-274-50704-5
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

プレゼンのマニュアル本は沢山出回っていますが、その多くが営業・企画分野向けで、数少ない理工系向けのプレゼン入門書も、堅苦しいもの、上級者向け、英語に特化したものがほとんどです。多くの理工系がプレゼンに対して苦手意識を抱いており、堅苦しい入門書や、この通りやればできる、といったマニュアル本は敬遠される傾向にあります。本書はこれらプレゼンに苦手意識を持つ人達を対象に、「頑張らないでいい」「自信がないままでOK」という観点からプレゼンとは何かを指南します。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274507045/
第1幕  メンタル編:苦手意識は無理に克服しなくてOK
第2幕  プレゼン資料編 その1:プレゼンのストーリーは論理性が鍵
第3幕  プレゼン資料編 その2:魅せるプレゼン資料で勝負!
第4幕  口頭発表編:リハーサルを制すものが本番を制す
第5幕  英語プレゼン・懇親会編:懇親会こそ国際会議の華
第6幕  英語プレゼン・質疑応答編:質疑応答は「受け」ではなく「攻め」
第7幕  英語プレゼン・口頭発表編:胸を張って堂々と喋ろう
第8幕  英語プレゼン・スライド資料編:スライド資料は紙芝居。紙芝居を見ながら喋ろう
第9幕  英語プレゼン・事前準備編:楽しくラクして英語を学ぼう。ただしアンテナを張ろう
第10幕 英語で交渉!編:英語で意思表示をしよう。できれば日本語でもね
第11幕 対談:日本人の英語はネイティブスピーカーにどう見られているか?
第12幕 Q&Aコーナー ―あなたのお悩み・ご相談にお答えします

あいづちカード
特別描き下ろしマンガ「安田センセイとボク」(ヤマサキ タツヤ)