情報ネットワーク工学

変化の激しい情報ネットワークに対応できる新しい教科書

このような方におすすめ

・電気電子・情報通信・情報工学・システム工学系の大学学部生・高専生
・上記教員
  • 著者東京情報大学名誉教授 池田 博昌 関西大学 山本 幹 共著
  • 定価3,024 (本体2,800 円+税)
  • A5 288頁 2009/01発行
  • ISBN978-4-274-20628-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 通信ネットワーク工学の教育は、交換機を中心としたものからインターネットプロトコルに変わっている。

 本書は、情報ネットワークを構成するプロトコル、通信ネットワーク解析の基礎となるトラフィック理論など情報ネットワークの基本を学習するとともに、今日から近未来までの実際のネットワークの構成・技術まで実践的に学習できる教科書。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274206283/
基礎編
 第1章 情報ネットワークの歴史
 第2章 情報ネットワークプロトコル
 第3章 データリンク層プロトコル
 第4章 ネットワーク層プロトコル
 第5章 トランスポート層プロトコル
 第6章 アプリケーション層プロトコル
 第7章 トラヒック理論の基礎
応用編
 第8章 ネットワーク層プロトコルの実際
 第9章 コンテンツ配信
 第10章 アクセス系ネットワーク
 第11章 IP電話
 第12章 セキュリティ
 第13章 エンタープライズネットワーク
 第14章 NGN(次世代ネットワーク)