ハッカーと画家 コンピュータ時代の創造者たち

大成功ベンチャーの創業者にして天才プログラマの著者が語る、これからの時代を見通す考え方と創造のセンス

このような方におすすめ

技術者、起業家、ビジネスマン、アーティスト、学生など
  • 著者Paul Graham 著/川合史朗 監訳
  • 定価2,592 (本体2,400 円+税)
  • A5 280頁 2005/01発行
  • ISBN978-4-274-06597-2
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

本書の著者Paul Grahamは、LISPプログラミングの達人であると同時に、後のYahoo!Storeとなるソフトウェアを作り、ベンチャー創業者として大きな成功を収めたことで知られる。本書でGrahamは、コンピュータが大きな役割を担う時代において、いかに発想を広げ、美しいものを設計し作り上げるかを、さまざまな切り口から大胆に考察している。インターネット上で大きな話題となったエッセイを書籍化。

"Hackers and Painters: Big Ideas from Computer Age" (O'Reilly Media, 2004)の日本語版。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274065972/
第0章  メイド・イン・USA
第1章 どうしてオタクはもてないか
第2章 ハッカーと画家
第3章 口にできないこと
第4章 天邪鬼の価値
第5章 もうひとつの未来への道
第6章 富の創りかた
第7章 格差を考える
第8章 スパムへの対策
第9章 ものつくりのセンス
第10章 プログラミング言語入門
第11章 百年の言語
第12章 普通のやつらの上を行け
第13章 オタク野郎の復讐
第14章 夢の言語
第15章 デザインとリサーチ
第16章 素晴らしきハッカー
はじめに
日本語版への序文
目次

第0章 メイド・イン・USA
アメリカ人が車を作るのが下手なのとソフトウェアを書くのが得意なのは、同じ理由による。だがアップルの存在は、両方を改善してゆけるヒントだ。
第1章 どうしてオタクはもてないか
彼らはゲームに乗っていない。
第2章 ハッカーと画家
ハッカーは、画家や建築家や作家と同じ、ものを創る人々だ。
第3章 口にできないこと
異端的な考えを思い巡らせ、それをどう使うか。
第4章 天邪鬼の価値
ハッカーはルールを破ることで勝つ。
第5章 もうひとつの未来への道
Webベースソフトウェアは、マイクロコンピュータの登場以来最大のチャンスだ。
第6章 富の創りかた
裕福になる最良の方法は富を生み出すことだ。そしてベンチャー企業はその最良の方法だ。
第7章 格差を考える
収入の不均一な分布は、広く考えられているほど問題ではないのではないか。
第8章 スパムへの対策
最近まで、専門家の多くはスパムフィルタは成功しないと考えていた。この提案がそれを変えた。
第9章 ものつくりのセンス
素晴らしいものを創るにはどうすればよいか。
第10章 プログラミング言語入門
プログラミング言語とは何か。それはなぜ盛んに話題になるのか。
第11章 百年の言語
百年後にはどういうふうにプログラミングをしているだろう。今からでもそれを始められないだろうか。
第12章 普通のやつらの上を行け
Webベースアプリケーションでは、自分の使いたい言語を使うことができる。ライバルも同様だ。
第13章 オタク野郎の復讐
技術の分野では、「業界のベストプラクティス」は敗北へのレシピだ。
第14章 夢の言語
良いプログラミング言語とは、ハッカーがやりたいことをやれる言語だ。
第15章 デザインとリサーチ
研究は独自性が必要だ。デザインは良くなければならない。
第16章 素晴らしきハッカー
ほかより飛び抜けて優れたプログラマがいる。そんな素晴らしいハッカーたちはどういう人物なんだろう。

用語解説
謝辞
画像出典
監訳者あとがき
索引