Scheme手習い

Scheme入門書の定番を翻訳

このような方におすすめ

学生
職業プログラマ
向学心のあるプログラマ
  • 著者Daniel P. Friedman and Matthias Felleisen 著/元吉文男・横山晶一 共訳
  • 定価3,024 (本体2,800 円+税)
  • A5 216頁 2010/10発行
  • ISBN978-4-274-06826-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

プログラミング言語Scheme は、Lisp の代表的な方言であり、計算機科学においてプログラミングを学ぶ上でもっとも適した言語のひとつでもある。

本書は、 Daniel P. Friedman and Matthias Felleisen “The Little Schemer, Fourth Edition”(The MIT Press, 1995)を翻訳発行するもの。計算機科学の話題を織り交ぜながらSchemeの基本的な考え方を対話形式で学んでいく、イラスト入りの定番の入門書である。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274068263/
訳者まえがき
序文
はじめに
1章  おもちゃ
2章 一度、もう一度、さらにもう一度、またもう一度、……
3章  偉大なるCons
4章  数遊び
5章  *すごい*星がいっぱいだ
6章  影法師
7章  友達と親類
8章  究極のlambda
9章  …… もう一度、もう一度、もう一度、……
10章 このすべての値は何だ
幕間
索引