ごみ焼却施設 ダイオキシン類の法規制と対策技術

ごみ焼却施設におけるダイオキシン類の法規制と対策技術を、実務に即して具体的に解説!

このような方におすすめ

(1)都道府県・市町村の焼却施設関係者
(2)全国のごみ・産業廃棄物焼却施設の関係者
(3)焼却炉・プラントメーカー,エンジニヤリング企業
(4)コンサルタント・環境分析機関
(5)廃棄物関連団体
(6)教育機関(衛生工学科,環境工学科など)
  • 著者石川 禎昭 編著
  • 定価2,420 (本体2,200 円+税)
  • B5 192頁 2001/08発行
  • ISBN978-4-274-02457-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 好評の「ごみ焼却施設 ダイオキシンの法規制と対策」の改題改訂版である。

 ごみ焼却施設からのダイオキシン類の排出など、ダイオキシン類の環境影響に関する一般的関心の高まりと相俟って、「ダイオキシン類対策特別措置法」の施行などの法整備が急速に進んでいる。

 本書は、ダイオキシン類の法規制の対象となる施設を有する全国自治体、企業などの関係者を中心に、(1)ダイオキシンの対策技術、(2)施設の発注条件、(3)新設か改造かの判断基準、(4)施設の維持管理規定などについて、発注者側の立場で解説した実務対応マニュアルである。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274024573/
    ダイオキシン問題とは
1章 ダイオキシン類の基礎知識
2章 ダイオキシン類の法規制と工事の発注条件
3章 ダイオキシン類の低減化技術
4章 灰溶融によるダイオキシン類・重金属低減化技術
5章 熱分解ガス化灰溶融によるダイオキシン類低減化技術
6章 ダイオキシン類濃度の現状と低濃度ごみ焼却施設
7章 新設・ごみ焼却施設のダイオキシン類対策
8章 既設・ごみ焼却施設のダイオキシン類対策と改造事例
9章 既設・ごみ焼却施設の改造・更新の判断基準
10章 ダイオキシン類に関する施設の維持管理規定
資料編