はじめてのクローズドシステム処分場 被覆型最終処分場の計画と事例

クローズドシステム処分場についてわかりやすくまとめた初めての書籍!

このような方におすすめ

○自治体の関連部署 実務担当者
○建設・環境コンサルタントの業務担当者
○建設会社関連部署 実務担当者
  • 著者福岡県リサイクル総合研究センターセンター長 花嶋 正孝 北海道大学大学院工学研究科教授 古市 徹 監修/クローズドシステム処分場開発研究会 編4-274-02474-1
  • 定価3,190 (本体2,900 円+税)
  • B5発行
  • ISBN196
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 クローズドシステム処分場(CS処分場)は、これからの新しい処分場として注目されている。しかし、最終処分場分野の書籍はほとんどなく、特に自治体関係者が情報を欲している。そこで、自治体、建設会社の実務担当者向けに、実務入門書として本書を発行した。

 本書は、CS処分場の計画・建設から保守管理までを網羅し、基礎的な部分から実務面までを総合的に理解できるようにまとめてある。

2002/05
第I部 実務編
第1章  クローズドシステム処分場と廃棄物処理の現状 
第2章  クローズドシステム処分場技術の概要
第3章  クローズドシステム処分場施設整備計画の作り方
第4章  クローズドシステム処分場建設技術の具体例
第II部 応用編
第5章  次世代クローズドシステム処分場
第6章  次世代型クローズドシステム処分場構想事例 
第7章  施設整備の新たな考え方
関係法令・基準