磁気浮上鉄道の技術

リニアモータカーの全容を理解するためのわかりやすい解説書

このような方におすすめ


        
  • 著者東京大学 正田 英介 高岳製作所 藤江 恂治 エイチ・エス・エス・ティ 加藤 純郎 運輸省交通安全公害研究所 水間 毅 共編
  • 定価4,806 (本体4,369 円+税)
  • A5 256頁 1992/09発行
  • ISBN978-4-274-03413-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 高速交通機関として期待されているリニアモータカー(磁気浮上式鉄道)およびその他の超高速鉄道に関し、あらゆる角度から豊富な図を駆使して具体的かつ平易に解説したリニアモータカーの全容を理解するための解説書。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274034138/
1章 磁気浮上鉄道とは
2章 超電導磁気浮上式鉄道
3章 HSST
4章 その他の磁気浮上式鉄道
5章 実用化への展望
1章 磁気浮上鉄道とは
1・1 鉄道の高速化と浮上式鉄道
1・2 磁気浮上式鉄道の開発の道程
1・3 常電導方式と超電導方式−磁気浮上式鉄道の諸方式−
1・4 なぜいまリニアモータカー−磁気浮上鉄道の適用性と将来性−
2章 超電導磁気浮上式鉄道
2・1 超電導磁気浮上式鉄道開発の経緯
2・2 原理と特徴
2・3 車両
2・4 軌道設備
2・5 電力供給システム
2・6 運行システム
2・7 保安システム
2・8 安全環境
3章 HSST
3・1 HSST開発
3・2 HSST方式
3・3 車両
3・4 軌道設備
3・5 電力設備
3・6 信号保安システム
3・7 安全性・環境適合性
4章 その他の磁気浮上式鉄道
4・1 高速形磁気浮上式鉄道
4・2 中・低速形磁気浮上式鉄道
4・3 磁気浮上要素技術
5章 実用化への展望
5・1 公共輸送機関としてのシステムアップ
5・2 経済性評価
5・3 実用システムへの動き
5・4 将来的技術の展望