絵ときでわかる 無線技術

応用分野の広がる無線技術の基本を幅広く学べる

このような方におすすめ

通信・電気・電子関連初級技術者
専門学校・高専・大学・工業高校で学ぶ学生や独学で学ぶ読者
専門外で無線技術に関する知識を必要とする読者
  • 著者日本大学 盒供ヾ押ヾ峠ぁ浸該 靖夫 著
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • A5 210頁 2002/10発行
  • ISBN978-4-274-03584-5
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 無線技術は、携帯電話や移動通信、衛星放送などのほか、レーダ、航法援助システム、無線LANなど応用が広がり、ますます重要な役割を担っている。

 本書は、無線通信のしくみや電波の性質と伝わり方から始まり、送・受信機の基本回路構成はもとより無線技術を応用した技術まで基本的な事項をわかりやすく解説している。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274035845/
1章 無線通信のしくみ
2章 電波の伝わ方
3章 アンテナ
4章 変調技術と電波の形式
5章 受信機
6章 送信機
7章 無線測定技術
8章 いろいろな無線通信システム
1章 無線通信のしくみ
1.無線通信の歴史
2.無線通信の方式
3.無線通信に使用される周波数
2章 電波の伝わり方
1.電波とは
2.直接波
3.電離層反射波
4.フェージング現象
5.異常伝搬
3章 アンテナ
1.アンテナの基礎
2.アンテナの種類
3.給電線
4.アンテナの整合
4章 変調技術と電波の形式
1.振幅変調
2.周波数変調と位相変調
3.パルス変調
4.スペクトラム拡散方式
5.電波の形式
5章 受信機
1.受信機の基本回路
2.AM受信機
3.FM受信機
4.受信機に要求される性能
6章 送信機
1.送信機の基本回路
2.AM送信機
3.FM送信機
4.整合回路
5.送信機に要求される性能
7章 無線測定技術
1.測定技術
2.電磁環境適正
8章 いろいろな無線通信システム
1.携帯電話
2.PHS
3.MCA
4.多重通信方式
5.電波航法装置
6.衛星通信
7.無線LAN