図解版 電気学ポケットブック

電気電子および周辺工学・技術の「基礎」をやさしく図解化した学生・技術者の座右の書!

このような方におすすめ

・工高・高専及び大学工学部学生
・電子・通信・情報・制御・機械等をはじめ、他分野の技術者
・電気系資格(認定)試験受験者の参考書として
・電気設備の実務に携わる技術者の事典として
  • 著者電気学ポケットブック編集委員会 編
  • 定価10,450 (本体9,500 円+税)
  • A5 970頁 2003/09発行
  • ISBN978-4-274-03607-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 先端テクノロジーの基盤を支える電気工学は、今日では電子、通信、情報をはじめとした諸工学(技術)と融合し、「総合電気工学」あるいは「複合工学」ともいうべき色彩を強めている。

 しかし、このような状況にあるとはいえ、その基本となる「基礎電気工学」の重要性と必要性は決して弱まってはいない。

 本書 は、このような状況を背景として、内容を今日における電気工学の「基礎」に限定し、できるだけ図解化により、基本的な理論および技術について、わかりやすく解説した、いわば電気工学の「基礎ハンドブック」として発行する。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274036071/
1編 電気・電子の基礎
2編 回路と計測・制御
3編 電気機器とパワーエレクトロニクス
4編 電力システム
5編 電気電子応用と情報通信
付 録
1編 電気・電子の基礎
・1章 電気・電子の物理
・2章 電荷と静電気
・3章 電流と磁気

2編 回路と計測・制御
・4章 電気回路
・5章 電子回路
・6章 計 測
・7章 自動制御

3編 電気機器とパワーエレクトロニクス
・8章 発電機と電動機
・9章 変圧器と電力機器
・10章 パワーエレクトロニクス

4編 電力システム
・11章 発電と新エネルギー
・12章 電力供給システム
・13章 配電と屋内配線

5編 電気電子応用と情報通信
・14章 電気エネルギーの応用
・15章 電力応用と交通システム
・16章 コンピュータと情報通信システム

付 録 
・数学の基本公式
・関連規格
・関連法規