自動車電源の42V化技術

自動車の新電源システムを具体的に解説!

このような方におすすめ

○自動車業界の技術者・研究者
○電機・電子関連業界、材料業界などの技術者・研究者
○電気・電子・材料系の大学院生、大学教員・研究者
  • 著者電気学会・42V電源化調査専門委員会 編
  • 定価3,850 (本体3,500 円+税)
  • A5 214頁 2003/10発行
  • ISBN978-4-274-03612-5
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 自動車の電気システムの増加と大容量化に伴い、現在の14V系電源では容量が不十分になり、次世代の電源電圧として42Vが国際的に合意され、注目されている。

 本書は、この42V電源の背景やシステムと構成部品などの最新技術を具体的に解説したもの。また、クラウンマイルドハイブリッド、マーチe・4WDの実例を紹介。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274036125/
1章 自動車電源42V化の背景と技術動向
2章 42V車両配電システムと構成部品
3章 バッテリーとキャパシタ
4章 始動・充電系回転機
5章 パワーエレクトロニクス
6章 電動機器と電装品
7章 規格化・標準化の動向
1章 自動車電源42V化の背景と技術動向
1.1 自動車電源電圧の歴史
1.2 42V化のニーズとねらい
1.3 42V適用車両(I)−クラウンマイルドハイブリッド
1.4 42V適用車両(II)−マーチe・4WD
1.5 42V化の技術動向と将来展望
参考文献

2章 42V車両配電システムと構成部品
2.1 42V配電システムの構成
2.2 42V化の配電システムへの影響
2.3 42V導入実現に向けた適応技術
2.4 42V配電システムの将来
参考文献

3章 バッテリーとキャパシタ
3.1 車両搭載用バッテリーの概要
3.2 鉛バッテリー
3.3 ニッケル水素バッテリー
3.4 リチウムイオンバッテリー
3.5 電気二重層キャパシタ
参考文献

4章 始動・充電系回転機
4.1 オルタネータ
4.2 スタータ
4.3 モータジェネレータ
参考文献

5章 パワーエレクトロニクス
5.1 自動車用パワーエレクトロニクス
5.2 自動車用パワーデバイス
5.3 EV,HEV用インバータ
5.4 モータジェネレータ用インバータ
5.5 自動車用DC/DCコンバータ
5.6 自動車用パワーエレクトロニクスのEMIノイズ
参考文献

6章 電動機器と電装品
6.1 42V 電源における12V 用白熱球のPWM 制御
6.2 アイドリングストップシステム用電動オイルポンプ
6.3 電動パワーステアリング
6.4 その他電動機器、電装品
参考文献

7章 規格化・標準化の動向
 7.1 ISOの活動
 7.2 その他の標準化提案
参考文献