土木計画学 −社会資本整備とマネジメント−

新しい土木計画の教科書

このような方におすすめ

土木工学を学ぶ大学生、大学院生
  • 著者伊豆原 浩二 嶋田 喜昭 共編
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • A5 206頁 2013/12発行
  • ISBN978-4-274-21478-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

1999年に発行された『新編 土木計画学』(西村 昂・本多 義明 編著)は、土木計画の理論的な基礎から説き起こし、各種統計的手法、OR的手法、工程管理計画と維持管理計画、土木計画の新しい潮流と、土木計画の全体像が理解できる教科書として親しまれています。

 本書は『新編土木計画学』の内容構成を土台として、「社会資本整備」と「マネジメント」に重点を置いて頁数を圧縮し、コンパクトにまとめた新たな教科書で、セメスター制に対応しています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274214783/
第1章 	土木計画学概説
第2章  問題の整理と計画の枠組み設定
第3章  計画のための調査と統計的手法
第4章  データ分析と計画代替案の作成
第5章  計画代替案の評価
第6章  新たな計画へ向けて
付表