工事担任者AI・DD総合種 徹底研究(改訂2版)

さらに充実の内容となった工担AI・DD総合種受験対策書の決定版!

このような方におすすめ

工事担任者AI・DD総合種受験者
  • 著者オーム社 編
  • 定価3,080 (本体2,800 円+税)
  • B5 360頁 2013/12発行
  • ISBN978-4-274-21487-5
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は工事担任者AI・DD総合種の受験対策書、『工事担任者AI・DD総合種 徹底研究』の改訂2版です。

 本試験では、特にIP技術や新サービスに関する項目、情報セキュリティ技術の項目について、より現場に即した出題が多くなっています。

 そこで本書では、II編の「端末設備の接続のための技術および理論」を重点的に刷新するとともに、最新の問題を取り込むことで、現在の出題傾向により即した受験対策書としました。旧版より大幅に加筆され、充実の内容となっています。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274214875/
I編 電気通信技術の基礎
 1章 電気工学の基礎
 2章 電気通信の基礎

II編 端末設備の接続のための技術および理論
 1章 端末設備の技術
 2章 総合デジタル通信の技術
 3章 ネットワークの技術
 4章 トラヒック理論
 5章 情報セキュリティの技術
 6章 接続工事の技術

III編 端末設備の接続に関する法規
 1章 電気通信事業法及び施行規則
 2章 工担規則,認定規則
 3章 端末設備規則
 4章 有線電気通信法関連
 5章 関連法規
I編 電気通信技術の基礎
 1章 電気工学の基礎
  1-1 直流回路I(オームの法則と電気抵抗)
  1-2 直流回路II(キルヒホッフの法則等)
  1-3 直流回路III(電力・電力量と発熱量)
  1-4 静電界およびコンデンサ
  1-5 静電界と電流による磁界
  1-6 誘導起電力及び磁気回路
  1-7 交流の波形
  1-8 交流回路
  1-9 交流電力
  1-10 半導体の原理と性質
  1-11 ダイオードの種類
  1-12 ダイオード回路
  1-13 トランジスタの基礎
  1-14 トランジスタ増幅回路
  1-15 その他の主な半導体素子
  1-16 論理回路
  1-17 論理式(ブール代数)とベン図
 2章 電気通信の基礎
  2-1 伝送量の求め方
  2-2 線路の伝送特性
  2-3 伝送路の雑音とひずみ
  2-4 漏話現象
  2-5 変調方式の種類I(変調と復調)
  2-6 変調方式の種類II(PCM)
  2-7 ケーブルの種類と特徴I(メタリックケーブル)
  2-8 ケーブルの種類と特徴II(光ファイバケーブル)
  2-9 多重化伝送方式

II編 端末設備の接続のための技術および理論
 1章 端末設備の技術
  1-1 ボタン通話装置I(電子式ボタン電話装置の概要)
  1-2 ボタン電話装置II(電子式ボタン電話装置の回路動作)
  1-3 ボタン電話装置III(デジタル形ボタン電話装置)
  1-4 デジタル式PBXI(交換機の構成)
  1-5 デジタルPBXII(内線回路)
  1-6 デジタルPBXIII(通話路スイッチ)
  1-7 ISDNの端末機器
  1-8 DSL技術の概要
  1-9 PPPoEによる通信シーケンス
  1-10 IP電話システム
  1-11 VoIP関連プロトコル
  1-12 IP電話の音声品質
  1-13 OSI参照モデル(開放型システム間相互接続参照モデル)
  1-14 LAN
  1-15 LAN間接続装置
  1-16 イーサネットLANの種類
  1-17 無線LAN
  1-18 電磁波妨害・雷害対策
 2章 総合デジタル通信の技術
  2-1 ISDNの概要
  2-2 ISDNインターフェース(レイヤ1)
  2-3 ISDNインターフェース(レイヤ2)
  2-4 ISDNインターフェース(レイヤ3)
 3章 ネットワークの技術
  3-1 データ伝送技術
  3-2 同期方式と誤り制御
  3-3 データ伝送制御手順(HDLC手順)
  3-4 ATMネットワーク
  3-5 ブロードバンドアクセスの技術
  3-6 IPネットワーク
  3-7 IPアドレスの概要(IPv4,IPv6)
  3-8 TCPとUDPの概要
  3-9 ICPMとpigtコマンド
  3-10 アプリケーションプロトコル
  3-11 VPN(仮想私設網)
 4章 トラヒック理論
  4-1 トラヒック理論I(トラヒックの諸量)
  4-2 トラヒック理論II(呼の処理方式と変動要因)
  4-3 トラヒック理論III(アーランに関する公式)
 5章 情報セキュリティの技術
  5-1 情報セキュリティの脅威
  5-2 電子認証技術とデジタル署名技術
  5-3 セキュリティプロトコル
  5-4 端末設備とネットワークのセキュリティ
  5-5 無線LANの情報セキュリティ
  5-6 情報セキュリティ管理
 6章 接続工事の技術
  6-1 アナログ電話回線の工事と工事試験
  6-2 ボタン電話装置の工事と工事試験
  6-3 PBXの工事試験
  6-4 ISDNの接続工事
  6-5 LANの配線工事I
  6-6 LANの配線工事II
  6-7 LAN配線試験
  6-8 JIS X 5150 構内情報配線システム
  6-9 工程管理の基本事項
  6-10 アロー形ネットワーク工程表の読み方
  6-11 安全管理
  6-12 品質管理

III編 端末設備の接続に関する法規
 1章 電気通信事業法及び施行規則
  1-1 総則
  1-2 電気通信事業法及び施行規則
  1-3 電気通信設備
  1-4 端末設備の接続等
 2章 工担規則,認定規則
  2-1 工事担任者に関する規則
  2-2 端末機器の技術基準適合認定等に関する規則
 3章 端末設備規則
  3-1 用語の定義と責任の分界
  3-2 安全性等
  3-3 アナログ電話端末
  3-4 移動電話端末
  3-5 インターネットプロトコル電話端末
  3-6 総合デジタル通信用設備に接続される端末設備
  3-7 専用通信回線設備等端末又はデジタルデータ伝送用設備に接続される端末設備
 4章 有線電気通信法関連
  4-1 有線電気通信法
  4-2 有線電気通信設備令及び設備則
  4-3 架空電線等
  4-4 屋内配線等
 5章 関連法規
  5-1 不正アクセス行為の禁止等に関する法律
  5-2 電子署名及び認証業務に関する法律