大学土木 鉄筋コンクリート工学(改訂3版)

鉄筋コンクリート工学の基本が確実に学べる!

このような方におすすめ

土木系大学生・専門学校生
  • 著者町田 篤彦 編/町田 篤彦・関 博・丸山 武彦・檜貝 勇・斉藤 成彦 共著
  • 定価3,080 (本体2,800 円+税)
  • A5 244頁 2014/03発行
  • ISBN978-4-274-21524-7
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

大学の2〜3年次生程度を対象とした教科書として好評の『大学土木 鉄筋コンクリート工学』の改訂版です。鉄筋コンクリート工学の力学的側面、工学的側面、および実用的側面を適切・簡潔に記述しています。

 最新の土木学会コンクリート標準示方書に対応し、鉄筋コンクリート工学の最新の研究成果を盛り込んでいます。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274215247/
第1章  序論	
第2章  構造設計法の概念
第3章  作用
第4章  応答値の算定
第5章  材料の性質
第6章  軸力を受ける部材
第7章  曲げモーメントを受ける部材
第8章  軸力と曲げモーメントを受ける部材
第9章  せん断力を受ける部材
第10章  付着・定着
第11章  ひび割れ
第12章  変形
第13章  一般構造細目
第14章  疲労
第15章  耐震に対する照査
第16章  プレストレストコンクリート