自動認識システムの基礎知識

今、最大話題の知恵が身に付く

このような方におすすめ

広く自動的に物体を認識・仕分けを行う業務に携わるメーカー・ユーザーの方々
たとえば、本人確認のためのカード、生鮮食品の鮮度管理、アパレルの仕分け管理等、多くの産業界で注目されており、新しい技術職種に関心を抱く方々。
  • 著者社団法人 日本自動認識システム協会
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • A5判 176頁 2005/06発行
  • ISBN978-4-274-50024-4
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

セキュリティ時代の自動認識システムを豊富な絵図を中心に、基本的かつ実務的にわかりやすく説明し、さらに必要な基本用語を付し、初心者を始め実務者にとっても理解しやすい内容構成である。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274500244/
序章 自動認識の歩み/2章 バーコードシンボル/3章 2次元シンボル/4章 RFID/5章 バイオメトリクス/ダイレクトマーキング/6章 自動認識の基本用語