技術士一次試験の傾向と対策 電気電子,情報工学,原子力・放射線部門編

過去の出題傾向を分析し、学習ポイントを伝授

このような方におすすめ

技術士一次試験の受験者・潜在受験者のうち、電気電子、情報工学、原子力・放射線部門に関わる人。
  • 著者オーム社編
  • 定価2,376 (本体2,200 円+税)
  • A5 190頁 2005/08発行
  • ISBN978-4-274-50038-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

本書は技術士一次試験の受験者を対象に、電気電子部門、情報工学部門、原子力・放射線部門の専門科目について過去問題の傾向と対策を解説。試験制度の変更があった平成13年度から平成16年度までの問題について項目ごとに傾向を分析し、それに応じた学習のポイントを紹介。さらに、各項目ごとの予想問題も掲載。

また、技術士取得によるメリットや企業内技術士会の紹介、一次試験合格者の座談会など、これから受験を目指す人たちにも役立つさまざまな話題を満載。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274500381/
技術士のメリット
一次試験合格者座談会
電気電子、情報工学、原子力・放射線各部門の全体傾向と勉強法
傾向と対策・予想問題
技術士のメリット
一次試験合格者座談会
専門部門の全般傾向
電気電子部門の傾向と対策
予想問題
情報工学部門の傾向と対策
予想問題
原子力・放射線部門の傾向と対策
予想問題