高圧需要設備の地絡保護

高圧需要設備における地絡と電圧・電流等の様相が把握できる

このような方におすすめ

高圧需要設備の電気主任技術者
電力会社の技術者
電気設備メーカ−の技術者 等々
  • 著者大川 良泰
  • 定価3,080 (本体2,800 円+税)
  • B5 156頁 2007/09発行
  • ISBN978-4-274-50154-8
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書は,高圧需要設備の電気事故の大半を占める“地絡”事故についての究明と,保護協調の主役である地絡保護継電器及び関連機器について究明したものである.事故原因の究明ではなく,高圧需要設備において事故や故障が発生した場合に,電圧・電流の大きさや位相がどうなるかを,計算やベクトル図によって究明してその内実を明らかにするものである.併せて,地絡保護に用いられる各種制御機器についてもそのしくみを詳細に解説している.

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274501548/
第1章 地絡方向継電器の試験
第2章 GR付高圧負荷開閉器
第3章 高圧受電設備のDGRと1線地絡の様相
第4章 雷サージによる低圧回路の各種接地間電位差
第5章 低圧回路共用接地の低圧の地絡時の電位上昇
第6章 接地極付コンセントの誤接続の問題点とコンセントテスター