• トップ
  • 理工学専門書
  • OSS BOOKS 自治体にオープンソースソフトウェアを導入しよう −システム基盤編−

OSS BOOKS 自治体にオープンソースソフトウェアを導入しよう −システム基盤編−

自治体へのOSS(デスクトップ)導入のバイブル

このような方におすすめ


        
  • 著者独立行政法人 情報処理推進機構 オープンソースソフトウェア・センター 編
  • 定価550 (本体500 円+税)
  • A5 104頁 2007/12発行
  • ISBN978-4-274-50166-1
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

本書は、自治体におけるオープンソースソフトウェアを、システム基盤として導入する過程を追うものである。実際の導入過程における様々な事柄を、自治体組織特有の出来事もふくめてまとめられてる。自治体の担当者およびベンダー担当者必読の書である。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274501661/
第1章 なぜ自治体はOSSを導入するのか
第2章 自治体でのOSSシステム基盤の構築事例
 2.1 公共施設予約システムによるOSS導入実証(千葉県市川市)
 2.2 大分県庁基盤システム構築(大分県庁)
 2.3 山形県文書管理システム導入実証(山形県庁)
 2.4 栃木県二宮町および周辺市町におけるOSSデスクトップの導入と広域連携基盤の整備(栃木県二宮町)
第3章 自治体のシステム基盤を支える技術
 3.1 相互運用性の確保
 3.2 技術的な課題の解決
第4章 これからの自治体におけるシステム調達
 4.1 自治体における情報システム調達の特徴
 4.2 情報システム調達に関する新しい展開
第5章 将来へ向けて〜IPAによるOSS普及の取り組み〜
付録 OSSについての情報源
 1 OSSおよび自治体情報化関連組織等
 2 導入実証事業対象自治体・委託先企業連絡先