水ビジネスの世界 ―ポスト「石油」時代の投資戦略―

日本人の知らない水ビジネスの世界!

このような方におすすめ

海外水ビジネスを検討している省庁・自治体・事業体の担当者
グローバル展開をねらう民間水ビジネス関連企業の担当者
商社、銀行などの投資部門担当者
  • 著者Steve Hoffmann 著/種本 廣之 訳
  • 定価3,300 (本体3,000 円+税)
  • A5 344頁 2011/03発行
  • ISBN978-4-274-50327-6
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

世界の水ビジネスの現状を米国投資顧問が調査分析した調査レポート。投資・ビジネスに終始することなく、日本も含めた世界の水環境や水処理技術、注目される業界など徹底的に解説・分析している。原著「Planet Water − Investing in the World's Most Valuable Resource」は米国で高い評価とセールスを記録、待望の日本語版が登場!

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274503276/
第1部 水
第1章 水:生命と生活の前提条件
第2章 世界の水事情
第3章 公共財か、日用品か、資源か? 
第4章 清潔な水のコスト

第2部 水への投資
第5章 水ビジネス
第6章 水道
第7章 集中型上下水処理
第8章 分散型水処理
第9章 水インフラ
第10章 水分析
第11章 水資源管理
第12章淡水化

第3部 21世紀の水
第13章 新たなる課題
第14章 資産クラスとしての水
第15章 気候変動と水の(再)循環
第16章 水投資家のための展望
訳者まえがき


第1部 水
第1章 水:生命と生活の前提条件
生命の必要条件としての水/生活の前提条件

第2章 世界の水事情
水系感染症のコスト/需要と供給/水の地域特性/水の組織と機関/規制/米国の水に関する規制/世界の水に関する規制/非政府組織(NGO)/水への投資に関係する組織/経済成長における水の役割

第3章 公共財か、日用品か、資源か? 
水とは何か?/公共財としての水/商品としての水/答え:資源としての水

第4章 清潔な水のコスト
大きさはどのくらいか/世界の清潔な水のコスト/全体から部分へ/コストから価格へ

第2部 水への投資
第5章 水ビジネス
浄水と排水/機能による分類/水関連産業/水業界のマーケット・ドライバー

第6章 水道
水道の歴史/規制に縛られる水道/規制外分野/水道の未来/世界の水道/結論

第7章 集中型上下水処理
基礎/集中処理/薬品/混合酸化剤/活性炭/樹脂:イオン交換

第8章 分散型水処理
分散型処理/分散処理のルーツ/硬水剤と塩害/地下水処理/膜分離活性汚泥法(MBR)・分散処理の未来

第9章 水インフラ
配水システム/雨水インフラ/投資分野/パイプラインの修復/流量制御とポンプ

第10章 水分析
検針/監視、測定、試験/資産運用(アセットマネジメント)

第11章 水資源管理
水資源管理の定義/持続可能性の原則/修復事業/給水源:貯水池とダム/灌漑

第12章淡水化
淡水化への期待/淡水化のプロセス

第3部 21世紀の水
第13章 新たなる課題
未規制の汚染物質/バイオソリッド(汚泥)の管理 : ヘドロがマネーを生む/バイオテクノロジー/規制/非点源(ノンポイント)汚染規制/水の再利用/節水/ナノテクノロジー/藻類の毒素/クロロフィルaの測定/医薬品と化粧品類(PPCP)

第14章 資産クラスとしての水
水は資産クラスか?/資産クラスとは何か?

第15章 気候変動と水の(再)循環
不確実性への対応計画/水質への影響/干ばつの出現/干ばつへの投資

第16章 水投資家のための展望
水は次の石油になるか?/水と世界的経済危機/「水株」を選ぶ/エコロジーの時代―再来か、終焉か

水質汚染物質一覧
略語一覧