写真でトライ 自家用電気設備の定期点検(改訂2版)

約600枚の写真と平易な解説で電気設備の定期点検作業がわかる実務入門書!

このような方におすすめ

自家用電気設備の保守・管理に携わる現場技術者
  • 著者関東電気保安協会/河野忠男(関東電気保安協会)・森田潔(関東電気保安協会)
  • 定価2,530 (本体2,300 円+税)
  • B5 240頁 2012/05発行
  • ISBN978-4-274-50399-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3営業日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 電気設備に故障や事故が起こると,電気の供給が停止して自構内ばかりではなく,近隣の需要家に多大な影響を与えるため,電気技術者は日常点検や定期点検などを行って電気設備の保安を確保しています.

 本書は,各種点検のうち定期点検に的を絞り,点検に必要な計測器や試験器,点検用具,工具の種類と使い方をはじめ,作業者の安全を守る絶縁用保護具・防具,危険標識の使用方法,停電操作,各種の点検作業,復電操作までの一連の作業について約600枚の写真を使用し,各作業のポイントを的確かつ簡潔にまとめてあります.

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274503993/
第1章 高圧受電設備の仕組み
第2章 定期点検に使用する試験器と安全用具(定期点検の実施と注意点/定期点検に   必要な試験器・点検用具・工具/感電防止のための絶縁用保護具・防具・標識   板)
第3章 定期点検の実務(高圧受電設備の定期点検実施手順/事前打合せ/停電操作と   停電の確認/定期点検の実施/点検作業の終了確認/復電操作/臨時点検)
第4章 非常用電源設備の点検
第5章 点検結果の記録