ナノオプティクス ナノ領域の光と電子系の相互作用  ―ナノ光科学の量子光学的基礎―

ナノオプティクスを量子光学的な観点から詳細に解説!

このような方におすすめ

○大学・大学院における研究者
○企業の研究開発担当者,技術者
  • 著者山梨大学 堀 裕和 山梨県立産業技術短期大学校 井上 哲也 東京工業大学 小林 潔 共著
  • 定価4,320 (本体4,000 円+税)
  • A5 240頁 2008/06発行
  • ISBN978-4-274-20558-3
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 光近接場とナノオプティクスの本質を理解するためには量子光学的な観点からの理解が不可欠となる。

 本書では、ナノスケールの光学現象、電気双極子放射の理論、光近接場相互作用などのナノオプティクスに関する量子光学的な基礎理論を解説する。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274205583/
第1章 ナノ光科学技術と量子現象
第2章 近接場光相互作用の準粒子描像と励起輸送の素過程
第3章 ナノ領域の電磁相互作用によるエネルギー移動の基礎理論
第4章 自由空間での電磁場の相互作用
第5章 半空間での光近接場の量子化
第6章 散逸がある場合の近接場光相互作用によるトンネルエネルギー
付録