気象予報士試験速習テキスト [実技編]

合格のための必須知識・解答方法をコンパクトに解説!

このような方におすすめ


        
  • 著者新田 尚 監修
  • 定価3,080 (本体2,800 円+税)
  • A5 320頁 2009/03発行
  • ISBN978-4-274-20682-5
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

  • SOLD OUT

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 気象予報士試験実技問題の出題傾向を分析し、重要・頻出事項(熱帯低気圧、台風、大雪など)における考え方(気象庁の気象予報の手順)と記述式問題の解き方をコンパクトに解説。試験直前対策にも使える,試験のポイントを一冊にまとめた速習のためのテキスト。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274206825/
第1章 実技試験にどう取り組むか
第2章 実技資料の見方
2.1 天気記号と天気図
2.2 各種予想図
2.3 各種解析図
2.4 気象衛星資料
2.5 レーダーエコー合成図・ドップラーレーダー図
2.6 レーダー・アメダス解析雨量図
2.7 天気予報ガイダンス
2.8 海況関係資料
第3章 基本操作・解析の基礎
3.1 実況・予想資料の読み取り方
3.2 天気図上で距離・速度・中心気圧を求める方法
3.3 解析の基礎
3.4 実技計算問題の解き方の基礎
第4章 個別事象と基本操作・解析
4.1 温帯高・低気圧
4.2 寒冷低気圧/寒気内小低気圧
4.3 梅雨前線
4.4 台風
4.5 冬型
4.6 北東気流
4.7 地形による局地気象
第5章 予報の判断の仕方
5.1 総観スケールの気圧系
5.2 総観スケールの現象
5.3 メソスケールの現象
5.4 防災事項
5.5 天気概況・天気予報文
第6章 ストーリーの把握の仕方
6.1 気象予報の手順
6.2 主テーマの特定
6.3 ストーリー展開の把握
6.4 シナリオに沿った設問とその解答のポイント
第7章 実技試験受験体験記
付録 実技に役立つ一口知識
   日本付近の天気図の型分類
索引