わかる×わかった! 分析化学

覚える、暗記する、丸覚えではなく、「わかる」「理解する」「わかった!」

このような方におすすめ

○化学系学科を専攻する大学学部生
○理工学系技術者
  • 著者名古屋市立大学 齋藤 勝裕 著
  • 定価2,750 (本体2,500 円+税)
  • A5 224頁 2010/05発行
  • ISBN978-4-274-20867-6
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 本書のキーワードは「理解できる」!

 多くの大学の化学系学科で必修科目である分析化学は、化学の基礎を支える領域であり、環境分野への応用など、今後ますます発展することが予想される。

 本書は、直感的でわかりやすい説明図やグラフを用いて、分析化学を解説するもの。

 「ほんの少しは興味がある」「授業や実務上、何となくわからない」といった学生や、若い社会人が手に取る気になる本としてまとめた。

 参考書としての使用を念頭におきつつ、章末に演習問題を挿入し、教科書や副読本として授業で使用されることも想定した内容構成になっている。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274208676/
序章 分析化学とは
第I部 基礎理論
 第1章 溶液と溶解度
 第2章 化学反応と平衡
第II部 基本的分析
 第3章 酸と塩基
 第4章 酸化と還元
 第5章 定性分析
第III部 定量分析
 第6章 沈殿分析
 第7章 錯形成平衡
 第8章 容量分析
第IV部 化学分析の方法
 第9章 機器分析
 第10章 電気化学分析
 第11章 クロマトグラフィー
 第12章 化合物の分離操作