わかりやすい ロボットシステム入門 ―メカニズムから制御,システムまで―(改訂2版)

ロボットシステムを概括的に理解するにはもってこい!

このような方におすすめ

○電子・機械・ロボット系の学科・専攻の理工系大学、専門学校、工業高校の教員、学生
○現場の機械系初級技術者
○企業内教育用ないし再教育用テキスト・副読本
  • 著者株式会社東芝 松日楽 信人 株式会社東芝 大明 準治 共著
  • 定価2,700 (本体2,500 円+税)
  • A5 198頁 2010/07発行
  • ISBN978-4-274-20894-2
  • 定価
  • ポイント0
  • 数量

※本体価格は変更される場合があります。
※通常2〜3日以内で発送いたします。

  • 概要
  • 主要目次
  • 詳細目次

 ロボット技術は産業用からサービスロボットなどへその形体や応用の広がりをみせるとともに、自動車や福祉機器などにおけるアクチュエータや制御技術への応用として今後もますます広がっていく。

 本書は、2000年以降の技術進歩を踏まえて、ロボット制御の基礎から応用技術までを、これからロボットについて学ぼうとする初級技術者や学生等を対象に平易にまとめ直すもの。

https://www.ohmsha.co.jp/book/9784274208942/
1章 ロボットとメカトロニクス
2章 ロボットの形
3章 ロボットのメカニズム
4章 ロボットのセンサ
5章 ロボットのアクチュエータ
6章 ロボット関節のフィードバック制御
7章 ロボットの運動学
8章 ロボットの運動制御
9章 ロボットの知能化 -自律制御と遠隔操作-
10章 ロボットの課題と将来